古田新太主演、R15+指定の過激な問題作が公開決定

Entame Plex / 2014年2月11日 20時54分

写真

古田新太主演、R15+指定の過激な問題作が公開決定

昨年はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」、WOWOWドラマ「震える牛」での演技がギャラクシー賞テレビ部門を受賞、現在TBSドラマ「隠蔽操作」で主演を務めるなど、出演したさまざまな作品で独特な存在感を放ち“稀代の怪優”との異名で評判の俳優・古田新太。そんな彼を主演に迎えた問題作『台風一家』が3月1日より新宿バルト9ほかにて順次全国公開されることが決定した。

この物語の主人公となるのは、閉塞感漂う田園の過疎地で、代々続く刀鍛冶の家元・森国義と暮らすその一家。ある日、母親の佳子は、息子の亀吉を受験に専念させるため、重度の障がいをもつ娘・みさとを母屋から離れに移す。人目につかなくなったのをよいことに、弟は夜な夜なストレスのはけ口を姉であるみさとに求め、近親への性的虐待は日常化していった。その現場を、少年院を出所して職人見習いに励んでいた助六が見咎め、転落事故が起こるのだが、この惨劇は、これから一家を襲う嵐の前触れに過ぎなかった…。

本作品は、『カインの末裔』や『USB』など映画監督としてだけでなく、演劇やミュージカルなど舞台作品の映像を駆使した演出も手がけ、マルチな活躍を見せている奥秀太郎監督の最新作で、コミカルなタッチにテンポの良い展開でありながら、薬物乱用や障がい者と性の問題など、社会的なテーマが織り込まれており、奥監督ならではの衝撃の社会派エンターテインメント作品となっている。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング