BiS階段「何やってもいいんですよね」カオスな解散ライブが決定

Entame Plex / 2014年2月17日 21時46分

写真

BiS階段「何やってもいいんですよね」カオスな解散ライブが決定

全裸PVやスクール水着LIVEなど、アイドルという枠に囚われない過激なパフォーマンスが話題の破天荒アイドルグループ:BiSと、1979年に活動をスタートし、大音量+即興演奏という基本コンセプトのもと四半世紀以上に渡る国内外でのライブ活動でその名を知られているノイズバンド“非常階段”。

そんな両者がコラボレーションしノイズとアイドルが融合した異色ユニット「BiS階段」は、昨年8月7日にリリースしたアルバム『BiS階段』が米・音楽誌SPINにて2013ベスト・アヴァンギャルドアルバム第7位を記録するなど大きな話題を呼んだ。

そのBiS階段が解散を発表し、2都市にてラストライブを開催することも合わせて発表された。このラストライブは、3月29日が兵庫・姫路にある世界中の文化遺産が集まるテーマパーク、太陽公園の天安門広場にてBiS、非常階段、BiS階段による3組の出演、そして正真正銘最後となる5月6日の東京・渋谷WWW公演はBiS階段のみの出演となる予定。

今回の発表にメンバーのJOJO広重は「最後とか解散とかなら何やってもいいんですよね?どうなっても知りませんよ(笑)」と意味深なコメントを残している。昨年に渋谷で行われたライブでは、ステージ上から豚の頭や生肉、パンティー、謎の液体など様々な物が客席に投げ込まれカオス状態となった壮絶なライブを決行しただけに、今回の解散ライブでは何をしでかすのか予測不可能だ。

なお、チケットは両公演ともに2月22日からe+にて先行予約開始、一般発売は3月1日からe+とローソンチケットにで販売開始される。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング