大人の科学マガジンで初音ミクキーボードが登場

Entame Plex / 2014年2月19日 14時43分

写真

大人の科学マガジンで初音ミクキーボードが登場

学研教育出版は、クリプトン・フューチャー・メディアとヤマハの商品開発協力のもと、大人の科学マガジン特別編として『歌うキーボード ポケット・ミク』を4月3日に発売する。

本商品は、人の歌声を演奏するこれまでにない新しい音楽ガジェットで、歌声を楽器化する心臓部にはヤマハが開発したeVocaloid対応音源LSI “NSX-1” を搭載し、流れてくる歌声には『初音ミク』の音声データを使用している。

演奏方法は、カーボン素材で印刷されたキーボード(鍵盤)に、スタイラス(タッチペン)で触れるだけと簡単で、キーボードに合わせた「ドレミファソラシ」の音階・音声で歌う設定となっており、キーボードを「ドレミ」とタッチすれば、内蔵スピーカーから「ドレミ」と『初音ミク』の歌声を奏でることができる。

また、コントロール・ボタンの「1〜5」を押すと「あ〜お」の母音で歌わせることができ、あらかじめ用意された歌詞で歌う「プリセット」モードで歌詞を選べば、誰もが知っている歌を歌わせることも可能だ。さらに、ビブラートやオクターブの上下機能を駆使することで、表情豊かに歌わせられる。

なお、販売価格は4,980円(税別)で、4月3日より全国の主要書店にて発売される。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング