NMB48山本彩らがTORACO応援隊長に“女の子にも試合を生で見てほしいです!”

Entame Plex / 2016年2月13日 11時12分

写真

NMB48山本彩らがTORACO応援隊長に“女の子にも試合を生で見てほしいです!”

“今年は流行語大賞をTORACOにできるように、カープ女子に負けないように頑張っていきたいと思います!”(薮下柊)

それは12日、都内で行われたTORACO応援隊長就任記者会見での一コマ。

TORACOとは、オシャレにかわいく阪神タイガースを応援する女の子のこと。ここ数年、それこそ“カープ女子”や“オリ姫”といった言葉が話題になっているが、これはその阪神版で“オシャレにかわいく”というところがポイント。今回は、その応援隊長に熱狂的な阪神ファンでもあるNMB48の山本彩、薮下柊、木下春奈、川上千尋が就任することになり会見が行われた。



そこでは、“全国に阪神ファンが増えるように”(山本彩)、“オシャレにコーディネイトして球場に遊びにいく女子が増えるように”(木下春奈)など、それぞれ応援隊長となっての意気込みを語りつつ、TORACOに向けたオリジナルグッズ、シュシュやスマホポーチ、応援バット、麦わら帽子、ヘアバンドなどの紹介も。さらには、5月7日(土)、8日(日)には今年で3回目となるガールズフェスタ「TORACO DAY」の開催も発表され、4人も大はしゃぎ。



また、4人の阪神愛は相当なもので、会見中もその熱がチラホラと。
“今絶賛キャンプ中ですが、中継は永遠に見ていられます。私たちの中ではもう始まってるので”と山本が開幕前からチェックするフリークっぷりを見せれば、木下も“オフシーズンは寂しいんですよ。キャンプインした日からもうウキウキです”と笑顔で語り、薮下にいたっては“NMB48の仕事も阪神のおかげで頑張れます!”と言い出す始末。
そして、話は4人のお気に入りの選手の話題になると、木下は今成亮太選手をチョイス。“今シーズンはサード争いが厳しいと思いますが、今成さんなら勝ち取ってくれると思います”とエールを送り、一方で山本は“いっぱいいるんですけど……”と考えたあとに江越大賀選手と高山俊選手の名を挙げ、特に同い年だという高山選手については“体格もしっかりしていて、スイングスピードも160キロ超えで……”と熱弁。ちなみに、薮下は家族で応援しているという岩田稔選手、坂本誠志郎選手、青柳晃洋選手、川上も梅野隆太郎と藤川球児とのこと。



さらに、もし阪神が優勝したらという話題に及ぶと、山本は何でもする! と意気込み、まわりから顔がホームベースの形に似ているといじられていることから“真剣にホームベースをやっても大丈夫です!”と大胆発言。その他、劇場でジェット風船、水着ライブなどの話もあがったが、最終的にはNMB48のみんなで甲子園で売り子をすると公約。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング