禁断の愛を描いた直木賞受賞小説「私の男」が映画化!

Entame Plex / 2014年3月5日 21時2分

写真

禁断の愛を描いた直木賞受賞小説「私の男」が映画化!

理屈を超えた禁断の愛を描き、2008年に直木賞を受賞した桜庭一樹による40万部超え小説『私の男』。
映像化不可能と言われてきた本作が、「海炭市叙景」「夏の終り」など、人間の心の機微を美しい映像に乗せて深く丁寧に描き、国内外で高く評価される熊切和嘉監督の手により映画として、6月14日より新宿ピカデリーほかにて全国公開することが決定した。

そして、このたびマスコミ向けの完成披露試写会にて、熊切和嘉監督と原作者の桜庭一樹が登壇し舞台挨拶を行った。
2013年から丸1年かけて完成した本作について監督は「感慨深い想いです」、桜庭は「映画をきっかけに原作を読んでくれる方もいるのでとても嬉しく思います」とそれぞれ挨拶した。

原作ファンも注目する主人公、淳悟と花に扮するのは、浅野忠信と二階堂ふみ。監督は二人のキャスティングについて「浅野さんをイメージして原作を読んでいました。淳悟の底知れぬ空虚感は浅野さんしかできないと思いました。二階堂さんは別作品のオーディションで会った時に“花がいる”と思いました」と語り、撮影では、いつ流氷がくるかが分からないため「毎日、流氷の情報を確認していました。奇跡的なタイミングで撮影ができました」と、本作の見どころのひとつとなるシーンを振り返った。

また、紋別の撮影現場には桜庭自身も訪問したといい「流氷からカメラマンが落ちたんです。ベテランのスタッフさんが“カメラが先だ!”とおっしゃられて、その後に“カメラを先に上げた方がおまえを助けやすいんだ”と説明されていた」と笑い交えて、撮影時のエピソードを語り、最後に「原作は主人公たちに感情移入できるように書きましたが、映画は俯瞰で二人を見ています。
テーマが同じ中でアプローチの違いがあるのが面白い。原作も映画も両方楽しんでもらいたい」と本作をアピールし締め括った。

映画『私の男』は、6月14日より新宿ピカデリーほかにて全国公開。

(C)2013「私の男」製作委員会

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング