アンジャッシュ渡部建「いまハマれば、少なくともむこう2年は楽しめる」高校野球“応援&鑑賞”のススメ本発売

Entame Plex / 2016年6月30日 11時35分

写真

アンジャッシュ渡部建「いまハマれば、少なくともむこう2年は楽しめる」高校野球“応援&鑑賞”のススメ本発売

お笑いコンビ:アンジャッシュ渡部建による著書『知識ゼロでも楽しめる熱狂観戦術! ワタベ高校野球の味方です。』(KADOKAWA)が本日30日に発売された。

本書は、芸能界屈指の高校野球ファンとして知られる渡部による熱狂的な“応援&鑑賞”のススメ。高校野球の基礎知識から、甲子園にまつわる感動秘話、渡部自身が“高校野球を愛しすぎるが故に”やらかしてしまったクスっと笑えるエピソードまで、高校野球の知識がない人が読んでも楽しめる全49のエピソードのほか、大谷翔平選手(北海道日本ハムファイターズ)、野球解説者の桑田真澄氏、荒木大輔氏といった過去に甲子園を沸かせた3人のレジェンドとの対談が収録されている。さらに、中学生当時の清宮幸太郎選手によるサインボールや、球児たちの努力の軌跡・下半身写真コレクションなど、渡部の“高校野球愛”が詰まった秘蔵コレクションの数々も本邦初公開と、内容盛りだくさん!

“なぜいま高校野球なのか――”について、渡部は「2016年は“100年に1度巡ってくる”高校野球にハマるべき絶好の機会」と力説。2018年夏に第100回大会を迎える甲子園大会、その歴史的大会の主役となる球児たちが1年生としてデビューするのが、この夏の甲子園大会とあって「いま高校野球にハマれば、少なくともむこう2年は楽しめる」と、アピールしている。

Entame Plex

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング