新感覚! 銀ダラの旨味に満ちた濃厚ラーメン

Entame Plex / 2014年3月10日 20時18分

写真

新感覚! 銀ダラの旨味に満ちた濃厚ラーメン

新宿の五ノ神製作所で、洋食風なアプローチを感じさせる海老つけ麺で連日大行列を作り、続いて大久保にオマール海老と伊勢海老を使用したラーメン店を出店し、現在青梅に店舗を構えるいつ樹が、2013年末に鮮魚に拘った新たなブランドを神田にオープンさせ話題となっている。

JR神田駅と淡路町 / 小川町駅の中間の路地に突然現れるドット柄をあしらったポップな外観に鮮魚らーめんの看板が目印の五ノ神水産は、店内もまるで雑貨店のような清潔感のあるあたたかい作りになっており、店員もそれぞれの個性を生かした服装で調理、接客をしてくれる。

初訪問の方はまず「らーめん銀だら搾り」を注文するべきだろう。
白濁した濃厚そうなスープは一見すると特に珍しさはないのだが、ひと口スープを口にするとその印象は完全に覆される。

白身魚だ……、豚骨……か? あれ? ……西京焼き?
ホッケや銀だら等、大型白身魚特有の塩味がかった魚介エキスをドロドロになるまで煮込まれた動物系スープの濃厚な甘味が包み込んでいる印象。歯切れの良い中太ストレート麺をすすれば更に銀だらの香りが際立ってくる。
具材は柔らかい鶏チャーシュー、極太の三角メンマ、葱、アオサ。いずれも丼の中で調和している。

銀だら搾り以外にも、焼き鮭搾り、それぞれのつけ麺、限定で雲丹搾り等と、今までのラーメンには無かった食材をベースにしており、ラーメンファン以外からも注目されている。これからの更なる展開が楽しみな意欲店です。(荒川タカシ)

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング