ベイビーレイズ、新作は“怒髪天”メンバー作詞作曲のロックチューン!

Entame Plex / 2014年3月21日 18時19分

写真

ベイビーレイズ、新作は“怒髪天”メンバー作詞作曲のロックチューン!

5人組ガールズアイドルユニット:ベイビーレイズが自身初となる両A面シングル『ぶっちゃけRock'n はっちゃけRoll/ベイビーステップ』を5月14日にリリースする。

ユニット名の「ベイビー(baby)」は“かわいこちゃん”、「レイド(raid)」には“襲撃する”という意味があり、自らを“乗り込み! 乗っ取り!! アイドル”と称し、アイドル戦国時代に殴り込むべく、人気アイドルグループのライブやイベント会場に“乱入(乗り込み)”しては、ファンの獲得(=乗っ取り)を目指し精力的にライブ活動を行っている。

そんな彼女たちの7枚目となるニューシングル「ぶっちゃけRock'n はっちゃけRoll」では、作詞を怒髪天の増子直純が、作曲を上原子友康が手がけている。さらには、4月6日放送開始のNHK Eテレ アニメ「ベイビーステップ」(毎週日曜17:30)のエンディングテーマに起用されることも決定した。

これまでにも鶴、安野勇太(HAWAIIAN6)、津野米咲(赤い公園)、Shun&Kuboty(TOTALFAT)、SNAIL RAMP、秀吉、Cell no.9 (hiroki from Dragon Ash and Hiroyuki Fujino)、ニューロティカ、都啓一(SOPHIA)、寿千寿(BACK DROP BOMB)、富澤タク a.k.a. 遅刻(グループ魂)、ANCHANG (SEX MACHINEGUNS)などなど名だたるロックバンドメンバーからの楽曲提供で知られる彼女たちだが、「暦の上ではディセンバー」、「恋はパニック」に続く新作ということで、どんな楽曲となるのか期待が高まっている。

また、3月25日から東名阪ワンマンライブツアー「Re虎威〜虎今東西エイエイガオー!〜」を開催するが、同ツアーを成功(チケット総販売枚数1500枚)させた暁には、今夏に日比谷野外音楽堂でのライブ開催が約束されており、デビューから2年での日本武道館公演開催を公約にしている彼女たちにとって正念場となるライブが続々と待ち構えている。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング