中村蒼、看守役でビートたけし、山田孝之らと共演

Entame Plex / 2017年3月3日 18時0分

写真

中村蒼、看守役でビートたけし、山田孝之らと共演

4月12日(水)夜9時から放送されるテレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』で、網走刑務所の看守役を俳優の中村蒼が演じることが明らかになった。

同作は、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説を、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋で32年ぶりにドラマ化。脱獄阻止のエキスパートであり、監獄の守り神として絶対的自信を持つ看守部長・浦田進(ビートたけし)と、緻密な計画と大胆な行動力、そして無尽蔵の体力を武器に、犯罪史上未曾有の脱獄を繰り返した無期懲役囚・佐久間清太郎(山田孝之)との奇妙な共生関係を描く。

「命とは何か」「生きるとは何か」そして、「人と人の絆とは何か」を描く、究極の脱獄&追跡エンターテインメントだ。

中村は、震災で妻と子どもを失い生きる張り合いを無くし、脱獄阻止だけに命を燃やす看守・浦田進の部下で、網走刑務所看守・野本金之助を演じる。佐久間の専任看守でありながら、根は繊細で佐久間の挑発的な振る舞いに精神を消耗していく。映画やドラマ、舞台など、様々な作品に出演する中村は、戦前から戦後にかけた、人情派看守と天才的破獄犯の闘いで、どのような存在感を放つのか。



中村はドラマについて、「どのシーンも緊張感が漂っていてとても刺激的な空気感の中お芝居することが出来ました。僕の演じた野本という人間は佐久間に翻弄されていきます。たけしさんと山田さんと面と向かってがっつりお芝居をさせてもらえてとても光栄でした。登場人物のみんなが、その時代に必死に生きて闘っています。そんな力強い姿を見てきっと明日を生きる力を貰えると思います」とコメント。

一人の無期懲役囚の、無尽蔵の生命力と、「何があろうと生きてやる」という圧倒的なまでの意思は、時に看守を苛立たせ、やがて大きく突き動かしてゆく。究極の脱獄&追跡エンターテインメント『破獄』は、4月12日(水)夜9時よりテレビ東京系にて放送。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング