谷花音、お台場の“桜”イルミネーションに感激!

Entame Plex / 2014年3月26日 22時49分

写真

谷花音、お台場の“桜”イルミネーションに感激!

今年の8月で開業15周年を迎える東京・お台場の商業施設:ヴィーナスフォートは、本日26日に『ヴィーナスフォート イルミネーションウォール点灯式』を開催し、子役タレントとして活躍中の谷花音が“桜の妖精”に扮し、春らしい衣装でゲスト出演した。

今回の点灯式は、同商業施設の東京テレポート駅側に面する縦:約9メートル×横:約57メートルの壁面にLED電球数51,570個からなる巨大LEDイルミネーションを設置し、ウォールに“桜”のイルミネーションを点灯させ、夜のお花見スポットとして出現させるという新たな試み。



魔法のステッキを手にした花音ちゃんの掛け声でウォールに巨大なイルミネーションが点灯すると、「すごく綺麗!」と目を輝かせ、その後には「いつもは動きやすいパンツスタイルが多くて、色も黄色や緑色が大好きなので、今日のようなピンクで可愛らしい衣装が着られて嬉しい」と、まだ肌寒い中、野外でのイベントだったが大喜びの様子だった。

4月から小学4年生になるという花音ちゃんは「今年は舞台にも挑戦出来たし、ドラマなどいろんな作品に出たい」と豊富を述べると、目標とする女優に“ベッキー”の名を挙げ「CMとドラマで共演したときにすごく優しくて、とても憧れています」とコメント。



「本物の“桜”じゃないけど、とても綺麗なので皆さんにも見てもらいたい。いつか、こういうイルミネーションを見ながらデートがしてみたい」と女の子らしい一面ものぞかせた。

なお、本日の点灯式以降5月31日(土)までの期間は、“桜”をはじめとする春にまつわるイルミネーションを展開予定で、催事やイベントの実施などに合わせて季節ごとの演出を取り入れていくとのこと。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング