指原莉乃も感心したセクシー女優の本音とは?

Entame Plex / 2017年9月14日 9時45分

写真

指原莉乃も感心したセクシー女優の本音とは?

9月12日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』が放送された。

同番組は、タレント・指原莉乃とお笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務め、番組スタッフが街頭やオーディションで見つけ出した普通の男性とは異なる「サイテー男」たち10名を集めて、“サイテーな恋愛事情”を聞き出し、悪い男の人に引っかからないよう学んでいく女性のための恋の教科書番組。

番組冒頭でパリピ芸人・タッツィーがモノマネを絡めたナンパをしていると明かし、壁を拭く音や馬の鳴き声など得意の“音”モノマネを披露。

指原は「思っていたよりずっと面白い!」と思わずコメント。そのチャラい風貌からは想像のつかない高いレベルのモノマネに、スタジオがどよめいた。

続いて「俺のサイテー恋愛自慢」では、サイテー男たちが、サイテーだと分かっていても聞いて欲しい自慢話を次々と発表。中でも、現在ホストをしているひょうごっちべぃべーが、以前アルバイトをしていた頃に、シフトの穴を開けないようにするために「色管」なる「色恋管理」をしていたエピソードを告白。



「抱きたい子は抱いておいて、“一緒にいたいから出勤して”と全員に言っていた」と話すと、指原は「めちゃめちゃ(アルバイトのシフトの)名管理人」と、サイテーながらもその手腕に思わず感動してしまう場面も。

さらに番組では、経験が豊富なセクシー女優たちが集まり「セクシー女優たちの座談会」を開催。
結婚はどうする? 両親は知っている? 今シアワセ? などなど、なかなか知ることのできない、彼女たちの本音を探った。

その中で、今の自分について聞いてみると、彼女たちは口々に「幸せ」「自分が変われた」「やらなきゃ良かったって思ったことがない」とポジティブな感想が飛び交い、さらに「やって良かったと1番感じた時は?」という質問には「お金が貯まった時」「エロくなれた時」と、本音を明かした。

ここで吉田が「さっしーはどう思うの? 女性から見たセクシー女優さんって」と質問すると、指原は「すっごい楽しそうだったから、自分で選んだのなら全然いいと思います。皆さんのためにもなってますしね」と、感心している様子。

続いて「昔の女と生電話」のコーナーでは、実際に元彼女に電話をして、客観的に彼らのサイテーぶりを聞くことに。エロメン・月野の元カノが登場し、6・7年くらい付き合っていたと明かすと、月野が「僕付き合うと長いんです」と発言。

この発言に対して指原は「(いきなり)何のアピール?」と指原節を発揮していた。
指原が元カノに対して「付き合っていて、サイテーだと思ったことはありますか?」と質問すると、元カノは「サイテーエピソードしかない! いきなり3Pに誘われた」と暴露。



また「別れた理由は?」と吉田が聞くと、浮気をしている月野に対して「我慢するのに疲れました」とコメント。さらに浮気がバレた原因を聞いてみると、「こまめにLINEをくれるんですけど、いきなり夜2時間くらいパタっと来なくなって…」と明かした。

するとブラックマヨネーズの2人は「わかりやすい! 何やソレ」「映画やったら5分で解決するわ」とツッコみ、スタジオが爆笑に包まれた。

©AbemaTV

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング