さがみ湖リゾートに新たに1000本の桜を植樹

Entame Plex / 2014年4月8日 23時41分

写真

さがみ湖リゾートに新たに1000本の桜を植樹

神奈川県相模原市にあるアウトドア複合リゾート「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」では、今春新たに1000本の桜を植樹することを発表した。



現状、約2000本の桜が咲き誇る「さがみ湖リゾート」は、園内を歩いて回りながら桜を楽しむことができるのはもちろん、観覧車やカートなどアトラクションに乗車しながらいつもと違った花見を楽しむこともできる関東有数の桜の名所だが、今春新たにソメイヨシノやヤマザクラなど1000本の桜の苗木を計画的に植樹することで、数年後にはより多くの桜が楽しめる、まさに「桜の楽園」と呼ぶにふさわしい美しい景色が広がる予定。



なお、今回の植樹は、地元の幼稚園児やスタッフが実施するのに加え、4月12日(土)~25日(金)の期間中に来園した方、先着300名限定で植樹体験ができる。苗木の隣には、それぞれ参加者の氏名を記載したネームプレートを設置することもできる。参加料は、桜餅付きで500円となっている(※別途入園料)。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング