おぎやはぎ、鈴木奈々の初体験の年齢に「茨城県は早い」

Entame Plex / 2018年2月13日 23時55分

写真

おぎやはぎ、鈴木奈々の初体験の年齢に「茨城県は早い」

2月12日、AbemaTVで『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。
同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎがMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。

この日は美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に、タレントの鈴木奈々、自称“ブス”メンバーに、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子、タレントのぱいぱいでか美が出演。

今回は、自称“ブス”メンバーに、期待の新人ブス2名が登場。中でも、奇抜な髪色をした曽和みゆうは、「私、普段はYouTuberをやっていて、コメント欄に『ブステレビに出てほしい』『おぎやはぎにイジられて!』ってきていて、『ブステレビ』って何?、名前がエグいって思ったけど、出たいと思って来ちゃいました」と明かし、その後も自身の活動について話し続け、小木から「ずっと喋ってるなコイツ!」と突っ込まれる場面も。



さらに小木が「YouTuberとして、生計は成り立っているの?」と質問すると、「成り立っています。バイトよりも稼げて、本当にありがたい。ぶっちゃけ、月30~40(万円)いっています」と告白。これには、「やるねえ!」「羨ましい!」「すごい!」とスタジオの全員が驚きの声を上げた。

そんなYouTuberの曽和に、矢作がこれまでの経験人数を尋ねると、「ないです。私まだ18(歳)です」と恥ずかしそうに答え、突然小木が、美人コメンテーターとして登場した鈴木に、「奈々ちゃんが、18の時は?」と話を振り、これに鈴木は「18の時? 処女じゃない!」と即答。

すかさず大久保が「じゃあ、16の時は?」と聞くと、「処女じゃない!」と再び大声で答え、おぎやはぎの2人が「でも田舎(出身)だから。茨城県は早い」と、鈴木の発言にコメントする一幕も。

今回は、バレンタインデー間近という事で、「ブスにもバレンタインがやってきた!SP」と題してお送りした。テーマ「バレンタインのここがムカつく!」では、出演者の皆さんに、バレンタインデーの腹が立つポイントを語ってもらった。

スタジオでは、矢作が「(義理チョコ)配るのって、どうなんだろう?何でやるの?」と問いかけ、それに大久保が「それは、ブスよりも可愛い子が作って、すごい配っている。手作りで、ラッピングもやって。あれは、自分に余裕があるからよ。作っても、まず汚いって思われない。私たち(ブス)は、汚いバイ菌だという自覚がありますから。あいつらは自分に自信があるのよ。田中みな実ね」と発言し、これに、おぎやはぎの2人も「あ~!田中みな実は、配るよ。うまいよね」と同意していた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング