ラック、クラウド環境における企業のセキュリティ対策を支援する監視・運用サービスを来春提供開始

EnterpriseZine / 2018年11月15日 13時15分

 ラックは、クラウド上で稼働するサーバのセキュリティ監視・運用サービスを行う「Deep Security 監視・運用サービス」を2019年4月に提供開始すると発表した。

 このサービスは、クラウド環境のセキュリティ対策で多くの実績があるトレンドマイクロの総合サーバセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」に対応し、業界屈指の高度なノウハウを持つ「JSOC」が運用・監視を担うことで、企業のセキュリティ対策を強化するという。

 企業や組織では、クラウド利用が常識になりつつあり、従来のネットワークセキュリティによる対策だけでは、企業グループ全体のセキュリティ対策を網羅することが困難になっているという。

 ラックのサイバー救急センターへの問い合わせにおいても、クラウド環境でサイバー攻撃を受けたという相談が増加傾向にある。クラウドは安全であるという誤解のもと十分なセキュリティ対策をせず利用をしていることも多々あり、クラウド環境を標的とした「データの改ざん、破壊」「データ窃取」「コンピューターリソースの無断使用による他への攻撃加担や追加コストの発生」など、深刻なサイバー攻撃への対策が求められているという。

 「Trend Micro Deep Security」は、このような対策に有効な「不正プログラム対策」「IPS/IDS」「ファイアウォール」「変更監視」「セキュリティログ監視」など、サーバセキュリティに必要な複数の機能を1つの保護モジュールに実装した総合サーバセキュリティ対策製品になる。

 ラックが運営する日本最大級のセキュリティ監視センター「JSOC」は、これまでクラウド対応のネットワークセキュリティ対策製品や、ウェブアプリケーションファイアウォール製品へのセキュリティ監視サービスを提供してきた。

 総合セキュリティ対策製品と監視サービスが連携した「Deep Security監視・運用サービス」により、専門家によるリアルタイム分析が、クラウドのサーバ単位で実現可能になるとしている。

 また、重大なセキュリティ事件の発生に備え、サイバー保険がバンドルされた「事故補償パック for JSOC」も提供しており、万一の場合はサイバー保険を適用し、サイバー救急センターによる初動対応や原因調査を実施することも可能だという。

 なお、「Trend Micro Deep Security」は、オンプレミスおよびクラウド環境に展開されたサーバのセキュリティ対策を支援するもので、本サービスはどちらの環境にも対応する。

EnterpriseZine編集部[著]

【関連記事】
「どうしますか?」「どう考えられますか?」――インシデント対応力を鍛えよ!記者が体験したサイバーセキュリティ演習
適切なサイバーセキュリティ対策の確立に向けた努力を――名和利男氏が解説する「机上演習(TTX)活用のポイントと公然情報の重要性」
クラウド、デジタル、働き方改革のスペシャリストがセキュリティについて語り合う
ラック、中堅・中小向けにセキュリティ監視サービスを実現するサービス基盤「CloudFalcon」を提供
CSOは経営陣にビジネス改善を提案する立場が求められている――米タニウムCSOデビッド・ダマト氏

■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング