サポートを通じてSQL Serverの進化を支える―日本マイクロソフト 平山理さん

EnterpriseZine / 2019年2月22日 6時0分

 マイクロソフトのリレーショナルデータベースSQL Serverをよく知る人物の1人に日本マイクロソフトの平山理さんがいる。SIerからサイベースを経由して日本マイクロソフトに入社。SQL Serverの品質向上や製品開発を下支えしてきた。

■北九州の自然で育ち、国文学を専攻するも就職先は巨大SIer
日本マイクロソフト サービス事業本部 
シニアプレミアフィールドエンジニア 平山理さん

 2018年11月に開催されたMicrosoft Tech Summit 2018、数あるブレイクアウトセッションの中にリレーショナルデータベース(RDB)の次期バージョン「SQL Server 2019」を解説するものがあった(Microsoft SQL Server 2019は「SQL Server Big Data Cluster」でデータ分析基盤を目指す)。

 このセッション前半で登壇していたのが日本マイクロソフト サービス事業本部 シニア プレミア フィールドエンジニア 平山 理さんだ。エンジニア人生のほとんどをSQL Serverと伴走し、進化を影で支えてきた。どんな半生を過ごしてきたのだろうか。

 出身は北九州。子ども時代は海で釣り、山でカブトムシ採集など、自然に多く触れてきた。海で遊んだときのおやつはアサリやカキだった。友達と一緒に火をおこし、焼いて食べた。ただし子どもが作る火力は弱く「(衛生的に)やばかったかもしれませんね」と平山さんは笑う。

 中学になるとゲームで遊ぶことも覚え、高校になるとMSXのベーシックで多少のプログラミングもした。自然で遊ぶ時も、コンピュータで遊ぶ時も7時間くらいどっぷり浸ったそうだ。徹底的に没頭し、集中力が持続するタイプなのかもしれない。

 大学の専攻は国文学で生粋の文系。卒論は宮澤賢治だったそうだ。とはいえ宮澤賢治は「銀河鉄道の夜」に当時最新の天文学から着想を得ていたという説もあり、科学に通じていた。文系出身でありながらコンピュータ技術の最先端に携わる平山さんの姿とどこか重なる。

 就職活動では全方位に目を向け、「コンピュータもいいかな」と軽い気持ちでIT企業も回った。結果的に就職先は大手SIerに決まった。職種はエンジニアで、社内システム構築の部署に配属された。社内システムだと身内向けとはいうものの、会社の規模が大きいためシステム規模も当然大きい。プラットフォームはメインフレーム、データベースはIBMのDB2。データベース管理者の業務も経験した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング