クリエイターズ・ヘッド、「Office 365」を安全に利用するための製品「Shield Share for Office 365」を発表

EnterpriseZine / 2019年3月6日 16時15分

 クリエイターズ・ヘッドは、エンドポイントセキュリティ製品「Shield Share」シリーズに、マイクロソフト社のクラウドオフィス製品「Office 365」をセキュアに運用するための専用製品として「Shield Share for Office 365」を発表した。4月からの出荷を予定しているという。

 「Shield Share for Office 365」は、「Office 365」上で利用可能なOneDriveと連携して、安全にファイル共有する環境が構築可能なため、ファイル共有型での作業やテレワーク環境などで、安心して「Office 365」を利用することができるという。

 運用面においては、Microsoftアカウントと自動連携するため、面倒なユーザー登録・管理をせずに「Shield Share for Office 365」をすぐに利用開始できる。また、利用するユーザーのPCには、ソフトウェアのインストールは一切不要だ。

 「Shield Share for Office 365」の製品出荷は4月を予定しているが、現在トライアル評価を募集している。

 「Shield Share」は、PCT出願中の特許技術である「Application Shield」をベースとしたファイルサーバー運用やテレワーク環境において、デスクトップ仮想化やインストールが不要なエンドポイント情報漏えい対策製品になる。独自技術によって、閲覧・編集時のデータをアプリケーションの動作を制限することにより、PCからの情報漏えいを防ぐセキュリティ製品だという。

EnterpriseZine編集部[著]

【関連記事】
TED、米SentinelOne社のエンドポイントセキュリティ製品の運用サービス「MS1」を提供開始
アズジェント、次世代マルウェア対策エンドポイント製品「Deep Instinct」をSaaS型サービスで提供開始
トレンドマイクロ、法人向け総合エンドポイントセキュリティの新製品「Trend Micro Apex One」を発表
トレンドマイクロ、ユーザを脅威から保護する「Trend Micro Consumer Connect」を通信事業者向けに提供
富士通SSLと富士通九州システムズ、デバイス/クラウドセキュリティMcAfee「MVISION」を販売開始

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング