オリンパス、ICT-AI構想を明かす――プラットフォームにAzureを採用

EnterpriseZine / 2019年3月13日 8時0分

 オリンパスと日本マイクロソフトは、オリンパスのAIやIoTのプラットフォームにMicrosoft Azureを採用していることを発表した。オリンパスはMicrosoft Azureで構築したICT-AIプラットフォームで、既存製品サービスの付加価値を高め、新規ビジネス開拓などを進めている。

■オリンパスとマイクロソフト、IoTやAIを活用したサービス提供で協業

 2019年に創業100周年を迎えるオリンパスは、顕微鏡、内視鏡、カメラをはじめとする精密機器メーカー。研究者、医者、写真家など、スペシャリストたちを支える企業でもある。  

 近年「クロスイノベーション」として、同社が持つコア技術を活かし、パートナーとともに社会的課題を解決するオープンイノベーションに取り組んでいる。加えて2019年1月にはグローバルなメディカルテクノロジーカンパニーを目指すための企業変革プラン「Transform Olympus」を発表した。同社は事業も、経営も、変わろうとしている。

オリンパス株式会社 技術統括役員(CTO) 兼 技術開発部門長 小川治男氏

 クロスイノベーションの取り組みには、センシング技術を発展させた先進的な検査や、外科手術や内視鏡検査をサポートする情報制御などがある。多くが機器の制御、センサーからのデータ収集、データ解析などを必要としており、これらはIoT、ビッグデータ分析やAIへとつながる。もちろんクラウドのプラットフォームも必要となる。  

 現在オリンパスとマイクロソフトの間でいくつかのプロジェクトが進められている。すでに形になっているのがIoTのためのクラウドサービス「OLYMPUS Scientific Cloud」。センサーやデバイスが取得した測定値ファイルの共有や、デバイスにあるソフトウェアを更新するなどのサービスを提供する。小川氏によると、今後このプラットフォームから、共同作業、予兆保全、データ保護といったサービスを増強していく予定だという。


データをつなぐOLYMPUS Scientific Cloud[画像クリックで拡大表示]

加山 恵美[著]

【関連記事】
アステリアがAI研究開発子会社「アステリアART」設立
AIのためのデータ共有、流通基盤の構築・提供へ――「AIデータ活用コンソーシアム」を設立
ABEJA 「SIX 2019」開催、「ポストAI」としての量子コンピュータへの取り組みを宣言
ABEJA、AI開発の初期仮説検証が簡単にできる「ABEJA Platform Accelerator」(α版)を試用開始
AIによるイノベーションと生産性向上が2021年までに2倍以上に加速すると期待――マイクロソフトとIDCが共同調査

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング