マクニカが契約した JFrog社CEOに訊く、DevOps製品のコンセプト「リキッド・ソフトウェア」

EnterpriseZine / 2019年5月22日 8時0分

マクニカネットワークスが契約締結したDevOpsのツール企業、JFrogのCEOシオミ・ベン・ハイム氏が来日。同社が提供するDevOps製品の基本コンセプトについて語った。

JFrog CEO シオミ・ベン・ハイム氏

 JFrog(ジェイフロッグ)はイスラエルに本社を置くソフトウェア開発ソリューションの企業。近年、関心の高まるDevOpsのコミュニティ界隈では、同社の開発管理、ビルド、リリースをおこなうツール群は高く評価され、DevOps関連の製品・サービスに関するアワード「DevOps Dozen」で最高製品賞を受賞している。

 そのJFrog社と販売契約を締結したのが、日本の技術商社、マクニカネットワークスだ。今回の提携は、企業のソフトウェア開発支援をおこなう上で重要となるDevOps製品にセキュリティを加えた「DevSecOps」を強化する狙いだ。

 今日のソフトウェアの頻繁なアップデートが必要になる時代には、開発者のために必要なライブラリや成果物(アーティファクト)を適切に管理することが重要になる。デプロイのための巨大なDockerイメージや高頻度で変更が加わるバイナリなどを格納し、ビルドからリリースまで一気通貫に自動化する環境をつくるJFrogの製品は、これまでセキュリティや仮想化で強みを発揮してきたマクニカのソフトウェア・ソリューションの製品群をさらに補完する。

 JFrog社のDevOpsの思想は、こうした「迅速でシームレスなリリース」の実現にある。その中心的な製品は「アーティファクト・リポジトリ」というもの。アーティファクト(開発成果物)、メタデータ、依存関係などを高速に管理するソリューションだ。

 今回マクニカとの提携で来日し、インタビューに応じたCEO シオミ・ベン・ハイム氏は、JFrogの共同設立者の一人。すでに日本でJFrogの製品を導入している日本企業を回り、コミュニティメンバーとの議論も交わしてきたという。

■ソフトウェアをオートメーション化する

── JFrogが考えるDevOpsとは、どういうものでしょうか?

ベン・ハイム:私達が考えるDevOpsとは、ソフトウェアが常にアップデートされる環境を作ることです。われわれが普段使っているデバイス、たとえばPCであれ、iPhoneのようなスマートフォンであれ、常にソフトウェアのアップデートが必要です。頻繁にアップデートが行われるとき、DevOpsの考え方が重要なのです。デベロップメントからデプロイやリリースまでの流れを高速かつ安全に、自動化するための考え方です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング