デル テクノロジーズ、働き方改革実現を支援する「Dell Technologies Unified Workspace」を発表

EnterpriseZine / 2019年5月21日 16時0分

 デルとEMCジャパン(デル テクノロジーズ)は、IT部門によるエンドユーザーエクスペリエンスのトランスフォーメーションを支援するソリューションとして、「Unified Workspace」を発表した。ソフトウェア、サービス、ハードウェアを統合する新しいプラットフォームがFuture of Work(未来の働き方)を現実化するとしている。

IT部門による従業員のエンパワメントを実現

 「Dell Technologies Unified Workspace」は、可視性、インサイト、自動化を提供することで、IT部門が行っている複雑で手間と時間を要しながらも重要なタスクを合理化し、企業のワークフォース トランスフォーメーション(働き方改革)をサポートする。

 この統合プラットフォームでは、選択プロセスや導入、またセキュリティーや管理までも含めて最もサポートが必要な部分から始めて、フルスケールの「Unified Workspace」に至るまで段階的なアプローチが可能になる。

クラウドからのPCの展開と管理をモダナイズ(最新鋭化)

 従来のPCライフサイクル管理(PCLM)は、人と人とのコミュニケーションが伴う高コストなプロセスで、ますます進む従業員のモバイル化とリモート化に合わせてスケールアップすることができない。

 しかし、「Dell Technologies Unified Workspace」のバックボーンである「VMware Workspace ONE」が提供する統合エンドポイント管理テクノロジーによって、デルのデバイス導入、管理、セキュリティー確保をモダナイズ(最新鋭化)できる。

 一度デバイスを導入した後は、「Workspace ONE」の統合エンドポイント管理機能を使うことで、クラウド ポリシー管理により従来のPCLMの枠を越え、アプリケーション提供の合理化とパッチ適用の自動化を実現するとともに、デバイスの運用状況のモニタリングと診断を改善することが可能になる。

 「Workspace ONE」は、従業員があらゆるデバイスからシングルサインオンで、すべてのネイティブアプリケーション、SaaSアプリケーション、社内アプリケーションへシームレスにアクセスできる、統合デジタル ワークスペースエクスペリエンスを提供する。

 Microsoft社製品との統合により、企業はMicrosoft 365、「Workspace ONE」「Dell Provisioning & Deployment Services」が提供する世界レベルのモダンIT環境とエンドユーザーの生産性向上能力をシームレスに活用することができる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング