デル テクノロジーズ、ハイブリッドクラウド環境の展開と管理を簡素化する「Dell Technologies Cloud」を発表

EnterpriseZine / 2019年5月21日 16時45分

 デルとEMCジャパン(デル テクノロジーズ)は、ハイブリッドクラウド環境の展開と管理をこれまで以上に簡素化する新しいクラウドインフラストラクチャーソリューション セット「Dell Technologies Cloud」を発表した。VMwareとDell EMCのインフラストラクチャーの能力を合わせた「Dell Technologies Cloud」は、場所に関係なく、パブリック/プライベート クラウドおよびエッジのすべてを通じて一貫性のあるインフラストラクチャーと運用環境をITリソースに提供し、クラウド環境の複雑さを排除するという。

これまで以上にシンプルなクラウド エクスペリエンスを提供

 「Dell Technologies Cloud」のポートフォリオは、「Dell Technologies Cloudプラットフォーム」およびData Center-as-a-Serviceソリューションである「VMware Cloud on Dell EMC」で構成されている。この2つの新ソリューションにより、緊密な統合環境とともにITと管理の幅広い柔軟なオプションを提供する。

 購入、導入、サービス、ファイナンス オプションは、すべて単一のベンダーで完結することができる。あらゆるタイプのクラウドを網羅する一貫したクラウドインフラストラクチャーおよび4,200以上の幅広いVMware Cloud Provider Programプロバイダーおよびハイパースケーラーを背景に、「Dell Technologies Cloud」は、ハイブリッドクラウド、オンプレミスのオペレーショナルハブとして、企業に高いコントロール能力を提供する。

 「Dell Technologies Cloud」は、セキュリティーやデータ保護、ライフサイクル管理などの幅広い付加価値サービスによって、このコア テクノロジーを強化する。また、コンサルティング、インフラストラクチャーの導入、管理、サポート、教育サービスを通じて確実に導入を成功へ導きながら、パブリッククラウドと同じようにITインフラストラクチャーを利用できる環境を提供する。

「Dell Technologies Cloud」によって、企業は次のことが可能になる

 ・アジリティー(俊敏性)の向上

 複数のクラウド導入オプション全般にわたり、使い慣れたVMwareツールを使ってアプリケーションのプロビジョニング、ガバナンス、オートメーション、オーケストレーションを実行できる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング