ガートナー、2019年のデータ/アナリティクス・テクノロジ・トレンドのトップ10を発表

EnterpriseZine / 2019年5月30日 14時15分

 ガートナー ジャパンは、今後3~5年間に重大なディスラプション(破壊)をもたらす可能性のある、2019年のデータ/アナリティクス・テクノロジ・トレンドのトップ10を発表した。この内容については、ガートナーが6月10日~12日に東京で開催する「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2019」で解説されるという。

 デジタル・ディスラプションは、膨大なデータとデータ環境の複雑化をもたらすと同時に、新たな機会を創出している。クラウドが実現する処理能力の向上と、大量データの発生が相まって、アルゴリズムを学習させて大規模に実行することが可能になり、ようやく人工知能(AI)の能力を最大限に引き出せるようになった。

 AIに限らず、トレンドが自社や市場全体にもたらすインパクトを精査して、必要なものを最適なタイミングで取り入れていかなければ、競争優位性を失い、取り残される恐れがある。データとアナリティクスのリーダーは、変化の速いテクノロジ・トレンドへの理解を深め、ビジネス価値に基づく優先順位付けを行うことが非常に重要だ。

 ガートナーのアナリストでシニア プリンシパルの一志達也氏は、データ/アナリティクス・トレンドに関して次のように述べている。

――データとアナリティクスには、引き続き多くの期待と注目が集まっています。日本においても先進的な企業を中心に活用が進み、具体的な成果も多く見られるようになり、確実性の高いユースケースも確立されてきました。一方で、多くの企業では人材が不足し、自社でどのようにデータとアナリティクスを活用すればよいか、といった基本的な部分で足踏みをしています。

――ここに示すトレンドからも読み取れるとおり、テクノロジの進化は技術的なスキルの不足を補い、データとアナリティクスの活用を容易にします。それらを使いこなし、自社における具体的なビジネス成果につなげられるよう、データとアナリティクスのリーダーは人材の確保と組織力の向上に努め、周囲を巻き込みながら取り組みを加速させていかなければなりません。

――そのためにも、既存のIT部門だけで何とかしようとするのではなく、最高データ責任者(CDO)の任命や専門組織の新設を経営層へ働き掛け、IT部門とデータ活用部門の両輪で取り組みを進められるように導くべきなのです。

2019年の主要なデータ/アナリティクス・テクノロジ・トレンド

 ガートナーでは、データとアナリティクスのリーダーに対し、これらのトレンドの中で自社のビジネスへの影響が大きく優先すべきものはどれかを、ビジネスのリーダーと協議して、優先度の高いものから検討するよう推奨している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング