ITCS、三菱総研DCSの多要素認証サービスを用いた業務フロントシステムのセキュリティ強化オプションを提供開始

EnterpriseZine / 2019年7月16日 15時0分

 ITCSは、同社が提供する業務アプリプラットフォーム「ManageOZO3」のオプションメニューとして、8月から「ManageOZO3 多要素認証オプション」の提供を開始すると発表した。「ManageOZO3 多要素認証オプション」は、三菱総研DCSが提供する多要素認証サービス「FQ-MA」をベースとし、「ManageOZO3」とのシームレスな連携を実現したセキュリティ強化オプションだという。

 「ManageOZO3 多要素認証オプション」は、「ManageOZO3」が提供する社内基幹業務を、不正アクセスやなりすましによる情報漏えいから守るという。

 「ManageOZO3 多要素認証オプション」は、利用者が所有するPCやスマートフォン、デバイスを使った端末認証機能(所有情報による認証)を提供し、「ManageOZO3」が備えるID/パスワード認証(知識情報による認証)と合わせて実施することで、異なる種類の認証方式を組み合わせた多要素認証を実現するという。

「ManageOZO3 多要素認証オプション」の特徴

 ・すでに利用者が保有しているスマートフォンなどのモバイル端末を認証処理に利用することで、利用者は新たにパスワードを覚える必要はない(スマホ認証)。

 ・USBメモリなどのデバイスを利用する場合は、PCに接続するだけで認証処理が行われる(デバイス認証)。

 ・認証鍵は認証毎に自動更新されるワンタイム方式で、高いセキュリティレベルを維持。

 ・1ユーザー5端末まで、同一価格での認証が可能。

 ・必要に応じて段階的に適用範囲を拡大するなど、クラウドサービスのメリットを生かした柔軟な導入により無駄を削減。

 ・PCだけでなく、スマートフォンやタブレット(iOS/Android)にも対応。

 「ManageOZO3」は、業務アプリの統合運用と高機能ワークフロー基盤で実現する全従業員の業務フロントシステム。経費精算、勤怠管理、社内申請の業務効率化といった課題を解決し、事務作業、手間を削減するという。

 また、「FQ-MA(FINEQloud Multi-factor Authentication)」は、DCSが提供するクラウドサービス「FINEQloud(ファインクラウド)」シリーズに属する多要素認証サービス。従来の多要素認証が抱える利便性の低下やコスト面の課題を克服し、これからの時代を見据えた幅広いデバイスに対応するという。

EnterpriseZine編集部[著]

【関連記事】
アクロニス、クラウドプロバイダーがサイバープロテクションを顧客へ提供可能な「Cyber Cloud 8.0」の概要発表
品質が期待以下だった場合、クラウドサービスは途中解約できるのか?
さくらインターネット、ハイパーボックスと協業しトレンドマイクロの法人向け総合サーバーセキュリティを提供開始
日本の個人ユーザは被害をうけた人は少ないが、被害の可能性には高い認識を持つ――エフセキュアが9か国で調査
ガートナー、「日本におけるセキュリティ(インフラストラクチャ、 リスク・マネジメント)のハイプ・サイクル」発表

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング