人間と人工知能が二人三脚で生きていく時代を生きる君たちへ――世界最高齢プログラマ 若宮正子さん

EnterpriseZine / 2019年8月5日 6時0分

 地方創生の担い手を育成する活動を全国で推進している熱中小学校が2019年7月18日、若宮正子さん特別講演「私は創造的でありたい」を開催した。若宮さんは82歳でiPhoneアプリをリリースし、アップル世界開発者会議「WWDC 2017」で世界最高齢プログラマーとして紹介された人物でもある。「IT技術で高齢者の社会参加・自立支援を」と提言し、プログラミングやAIとの関わりかたについて子どもたちへメッセージを発した。

■世界最高齢プログラマ、デジタルクリエーター、ITエバンジェリスト

 若宮正子さん、御年84歳。高校卒業後に三菱銀行へ就職し、定年まで勤めあげる。ここから独学でパソコンの習得を始める。まだWindows 95のころだ。80代でiPhoneアプリ「hinadan」をリリースし、アップルの世界開発者会議「WWDC 2017」でティム・クックCEOから世界最高齢プログラマーと紹介され、一躍時の人に。  

 今では内閣府の「人生100年時代構想会議」の最年長有識者議員を務め、国連本部から小中学校まで各地を奔走して講演を続けるほど多忙な日々を送る。熱中小学校では教諭を務めている。  

 あまりにエネルギッシュで、頭が上がらない。講演は1時間超の長丁場だったにも関わらず、若宮さんは背筋をぴしっと伸ばして身ぶりも加えながら、早口で話を進めていく。若宮さんを立たせて、若造の私がのうのうと座って聞いていいものだろうかと心落ち着かなくなる。しかも若宮さんは自らのことを「マーちゃん」と呼ぶ。驚かされっぱなしだ。

若宮正子さん

 今回の講演では、東北への被災地支援キャラバン報告、G20「高齢化と金融包摂」分科会における提言、エストニア訪問記、そして子どもたちへのメッセージで締めた。このなかから、いくつかピックアップして紹介しよう。

加山 恵美[著]

【関連記事】
RPAテクノロジーズ、「BizRobo!」とAI自動分析ツール「AMATERAS RAY」を活用したコンサルティングを提供
HPE、クラウドベースのAI主導型管理ツール「HPE InfoSight」をProLiant、Apollo、Synergy向けに拡張
既に人間によるAIへの攻撃が発生していることが判明―― エフセキュアがSHERPA Projectによる調査を発表
みずほ銀行は来店不要、決算書不要の中小企業向けの「みずほスマートビジネスローン」を、AI技術を使いいかにして実現したのか
コニカミノルタがデータサイエンスの取り組みで目指す「いい時間設計」

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング