ウイングアーク1st、集計・分析プラットフォームDr.Sumのクラウドサービス「Dr.Sum Cloud」を提供開始

EnterpriseZine / 2019年8月1日 15時0分

 ウイングアーク1stは、大量データの高速集計が可能な「Dr.Sum」をクラウド上で利用できる「Dr.Sum Cloud」を8月1日から提供開始すると発表した。このサービスは、利用規模/目的に応じて選べる3タイプ(Small・Medium・Large)を用意している。

 「Dr.Sum」は、様々な企業システム内に蓄積されているデータを統合し、高速な集計・レポーティングを実現するBIツール。これまで、企業内に蓄積された様々なデータの高速集計エンジンとして利用されてきた。

 「Dr.Sum Cloud」は、クラウド上で高速集計環境を構築できるサービスで、「MotionBoard Cloud」との連携で、高速集計による分析が可能になる。

 ■「Dr.Sum Cloud」の特徴

「MotionBoard」の分析基盤として、クラウド上でストレージ・高速集計環境の構築が可能
機器手配・環境構築・サーバー稼働管理から解放され、分析環境の開発に作業を集中できる
ユーザーによる自由なデータベース設計が可能

EnterpriseZine編集部[著]

【関連記事】
オープンストリーム、データ分析ツールJupyter NotebookとBiz/Browserの業務UIの連携ソリューションを提供開始
INSIGHT LAB、CDataとの協業により次世代型BIツール「SISENSE」から様々なデータソースに直接接続可能に
IDCフロンティア、IDCFクラウドでBigQueryなど6つのGoogle Cloud Platformプロダクトが利用可能なサービス
エンプラRPAの先に「デジタルワーカー」が活躍する世界へ―オートメーション・エニウェア急成長の理由
ソニー、機械学習による予測分析ツール「Prediction One」発表、グループ力活かしコンサルも

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング