プライム・ストラテジー、超高速CMS実行環境「KUSANAGI」のDocker対応版を提供開始

EnterpriseZine / 2019年8月8日 13時45分

 プライム・ストラテジーは、Dockerに対応した「KUSANAGI Runs on Docker」正規版の提供を開始すると発表した。

 Dockerはコンテナ型仮想化を実現するために実行される常駐アプリケーションおよびCLIからなるプロダクト。他の仮想化ソフトウェアに比して軽量に動作すること、また操作の簡便さや優れたポータビリティなどの利点があるという。

 プライム・ストラテジーは、Dockerの利用拡大を背景に、従来からのβ版を発展させた「KUSANAGI Runs on Docker」正規版をリリースするとしている。

「KUSANAGI Runs on Docker」の特徴

 超高速CMS実行環境「KUSANAGI」をDocker上で利用することにより、WordPress等のCMSを高速・セキュアに動作させることができる。そのほか次のような特徴がある。

WordPressのほか、concrete5、Drupal 7/8、LAMP、LEMP環境としても利用できる。
動作環境として、nginx、Apache、php7、MariaDBを利用できる。
推奨OSは、CentOS7、Ubuntu18.04、Windows10(WSL + Docker Desktop for Windows)、macOS(Docker Deskotp for Mac)。
使用するdocker-compose.ymlファイルの自動生成が可能。
データベースのデータベース名、ユーザ名、パスワード情報などの自動生成が可能。
データベースの内容および生成したコンテンツのバックアップ・リストアが可能。

EnterpriseZine編集部[著]

【関連記事】
コンテナの導入は構築やテスト/検証から本番運用への移行で足止めされている状況――IDCがユーザー調査
のれん、CMSの新バージョン「NOREN Content Server 6.2」を提供開始
ベリタス、「NetBackup」がDockerコンテナ対応のバックアップ/リカバリソリューションに認定
企業はコンテナを真剣に検討すべき時がきている
リンクとプライム・ストラテジー、ベアメタルクラウドで高速化WordPress実行環境「KUSANAGI」を提供開始

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング