アスク、NVIDIA GPUを活用したビックデータ向けのデータベース「OmniSci」の取り扱いを開始

EnterpriseZine / 2019年9月9日 15時15分

 アスクは、OmniSci社製のNVIDIA GPUを活用し高速化された、ビックデータ対応のデータベース・解析ツール「OmniSci」の取り扱い開始を発表した。「OmniSci」は、SQL実行とデータビジュアライゼーションをGPUで高速化するデータベースだという。

 「OmniSci」プラットフォームは、今日のビッグデータの規模、必要な処理速度、および位置データの豊富な属性表示などの課題に対してスケーラビリティとパフォーマンスの限界を克服するように設計された。

 既存のツールは、これらの面で今日のビッグデータ解析用途には限界を迎えているという。「OmniSci」は、MIT起源の画期的なテクノロジーで、並外れたパフォーマンスを実現するために、GPUの大規模並列処理と従来のCPUコンピューティングを併用するように設計されている。

「OmniSciDB」:オープンソースのSQLエンジン

 このプラットフォームの基盤となるのは、オープンソースのGPU高速分析データベースである「OmniSciDB」。「OmniSciDB」は、GPUの並列処理能力を利用し、数十億行のテーブルでもSQLクエリの結果をミリ秒単位で返す。

 「OmniSciDB」は、ネイティブSQLのサポート、迅速なクエリのコンパイル、クエリのベクトル化、および高度な3層メモリ管理の組み合わせにより、その高度なビッグデータ分析パフォーマンスを実現する。

「OmniSci Render」:サーバーサイド・ビジュアルレンダリング

 「OmniSci Render」は、大量のポイントマップデータ、散布図、ポリゴン表示をレンダリングするために設計されたサーバーサイドエンジン。これにより、ユーザーは複雑なビジュアライゼーションによる対話的データ探索などが可能になる。地理空間の視覚化では、VegaレンダリングエンジンAPIを使用して、最大数十億のポイント、線、またはポリゴンの視覚化処理に対応。

「OmniSci Immerse」:対話的でビジュアルなアナリティクス

 「OmniSci Immerse」は、Webベースのデータ視覚化インタフェースで、「OmniSciDB」と「OmniSci Render」のGPUによる高速化とレンダリング機能を活用して、比類のないビジュアルでかつ対話的な操作を実現。

 「OmniSci Immerse」は、非常に直感的で使いやすく、折れ線グラフ、棒グラフ、円グラフなどの標準的なツールだけでなく、ジオポイントマップ、ジオヒートマップ、コロプレス、散布図などの複雑なデータ表現も提供。ダッシュボードは、データと対話するときに自動的にクロスフィルタリングし、待ち時間ゼロで更新される。

EnterpriseZine編集部[著]

【関連記事】
「次期SQLはどうなるのか?」ISOで規格策定にあたる首都大・土田正士氏に谷川耕一氏が聞く――db tech showcase
国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場、2018年は2,779億円、前年比9.6%増の高成長を予測――IDC発表
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
イースト、データベース検索/更新ツールの最新版「SkyLink Ver.13 for Desktop」を発売
データベースに特化したカンファレンス「Hybrid Data Conference Japan 2019」が5月23日に日本初開催

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング