ビッグデータと既存データを統合したエンタープライズ基盤の構築を - 日本テラデータ 金井氏

EnterpriseZine / 2012年2月21日 18時0分

日本テラデータ

 ビッグデータはすでにバズワードではない。爆発的に増大するデータ、それもこれまでは分析対象にならなかった新しいタイプの膨大な非構造化データをビジネスに使わない手はない - 1月23日、東京・ベルサール九段で開催された「IT Initiative Day 2012 ビッグデータ時代のビジネス戦略」において、日本テラデータ コーポレート・エバンジェリスト/エグゼクティブ・コンサルタント 金井啓一氏はこう断言した。かつてない量のデータ、そしてかつて見たことがないタイプのデータに、日本企業はどう向きあうべきなのか。本稿では、日本のDWH草創期からデータ分析をビジネスに活かす戦略を説き続けてきた金井氏によるセッション「ビッグデータを取り込む~そのビジネス活用戦略と最新動向」の内容を紹介していきたい。

■"ビッグデータ"と従来のデータの違いとは 日本テラデータ コーポレート・エバンジェリスト/エグゼクティブ・コンサルタント 金井啓一氏

 金井氏はまず、これまでの分析は「過去データの取り込み」、つまり出荷や販売、購買などの取引結果をDWHに取り込んで行う分析が主だったとする。だが経営のスピード化が進む現代においては、これらの過去データに頼った予測やアクションだけでは、インサイトを引き出し、新しい価値を顧客に提供していくことは難しいという。取引には記録されないデータ、たとえばWebログデータ、レシートデータ、トレーサビリティデータ、さらにはソーシャルデータ、モバイルデータ、センサーデータなど、これまで"未活用データ"としてDWHに取り込まれずにいた新しいタイプのデータを積極的に活用していくべきと金井氏は提案する。

 こうした未活用データはいわゆる非構造化データが多く、ひと括りに"ビッグデータ"と呼ばれることも多いのだが、金井氏はビッグデータという言葉を以下のように定義している。

-------

 許容可能な経過時間内で、通常利用しているツールを利用して、データの収集・管理・処理することのできる能力を越えるデータのこと。サイズは、常に変化しており、1つのデータセットで、10テラバイト程度から数10ペタバイトにまで及ぶ。

-------

 つまりWebログやソーシャルデータ、センサーデータといった非構造化データはもちろん、「SQLで発行してRDBMSで管理するような構造化データもビッグデータに含まれる」と金井氏は言う。ビッグデータの定義はベンダや識者によって異なることが多いが、長年に渡って世界のトップ企業にDWHポートフォリオを届けてきたテラデータならではのビッグデータへの見解として参考になる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング