さっそく500万ドル調達! 新たに誕生したHadoopスタートアップへの高い期待

EnterpriseZine / 2012年2月14日 0時0分

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」とはよく申したもので、気がつけば2月もなかば。まだまださむい日が続いておりますが、少しずつ春が近づいている気配も感じます。季節の変わり目ですので、読者の皆様も体調管理には十分ご注意を。ちなみにワタクシ、ふだんの不摂生がたたり、もう2週間以上風邪っぴきの状態が続いております。トシを取ると風邪も治りにくくなるんですねー(哀)。今週のデータベース業界は、国内外ともそれほど大きなトピックがなく、わりと穏やか(?)な1週間でした。というわけで、個人的に気になった小ネタをご紹介していきます。

 

 「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」とはよく申したもので、気がつけば2月もなかば。まだまださむい日が続いておりますが、少しずつ春が近づいている気配も感じます。季節の変わり目ですので、読者の皆様も体調管理には十分ご注意を。ちなみにワタクシ、ふだんの不摂生がたたり、もう2週間以上風邪っぴきの状態が続いております。トシを取ると風邪も治りにくくなるんですねー(哀)

 今週のデータベース業界は、国内外ともそれほど大きなトピックがなく、わりと穏やか(?)な1週間でした。というわけで、個人的に気になった小ネタをご紹介していきます。

日本PostgreSQLユーザ会がDBSJ業績賞に
 MySQLと並ぶオープンソースのデータベースとして、国内で高い普及率を誇るPostgreSQL。他国と比べて日本でこれほど広くPostgreSQLが使われるようになった理由のひとつに、早くからユーザ会が設立され、活発な啓蒙活動が行われてきたことが挙げられます。オープンソースのコミュニティとしても、非常に成功した例だと言えるでしょう。その功績が高く評価され、日本PostgreSQLユーザ会(JPUG)が2011年度の日本データベース学会業績賞を受賞しました。おめでとうございます!

 詳細はこちら

 3月5日に神戸で開催される授賞式では、JPUGの永安悟史理事長が「PostgreSQLとコミュニティ~過去、現在、未来~」と題された記念講演を行います。成功するOSSコミュニティのあり方についてのお話が伺えそうです。

要注目のHadoopスタートアップ
 HadoopやNoSQLといったビッグデータ関連技術のスペシャリストによる企業が相次ぐ米国ですが、またまた期待度の高いスタートアップが誕生しました。Clouderaの創業者であるChristophe Bisciglia氏と、おなじくClouderaのHadoopエンジニアとして有名なAaron Kimball氏らが立ち上げたWibiDataです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング