『ビジネス・モデル・ジェネレーション』--デブサミで紹介された活用手法

EnterpriseZine / 2012年2月27日 0時0分

世界中の知識を結集したソーシャルブック

 ビジネスモデルを構築するためのガイド本とも言える「ビジネスモデル・ジェネレーション」(BMG)の日本語版が刊行された。BMGは、組織にイノベーションを起こすための画期的な手法として、すでに世界数千もの企業や組織などで活用されているという。筑波大学 国際経営プロフェッショナル専攻コース(MBA-IB)教授のTim Clark氏は、BMGコミュニティのコアメンバーの1人だ。Clark氏は2月17日、翔泳社主催のイベント「Developers Summit 2012」にて講演し、BMGの中心となるツール「ビジネスモデル・キャンバス」を紹介した。

■ビジネスモデルを効率的に分析する「ビジネスモデル・キャンバス」の活用法 筑波大学 国際経営プロフェッショナル専攻コース教授 Tim Clark

 ビジネスモデル・キャンバスとは、「画家が絵を描くときに使うキャンバスのようなイメージで、ビジネスモデルを絵のように表現し、可視化するものだ」とClark氏は説明する。同氏によると、ビジネスモデル・キャンバスには9つのビルディングブロックがあり、ひとつひとつブロックに必要事項を記入することでビジネスモデルが明確になるという。
世界中の知識を結集したソーシャルブック 『ビジネスモデル・ジェネレーション』(翔泳社刊)

藤本 京子[著]

■関連記事

「資本主義社会における企業の本質は顧客の奪い合い」林野社長が語るクレディセゾンのマーケティング戦略[2011年07月27日]

躍進する韓国企業、IMFショックを経験した隣国の先行事例から学べ[2010年10月27日]

デジタル教科書は、イノベーションを触発する契機となるか? 電子書籍を巡る狂騒とデジタル教科書導入の行方[2010年08月24日]

池田信夫に栗原潔が訊く!クラウド・電波開国・イノベーション[2010年04月26日]

JUAS、イノベーション経営カレッジ設立記念シンポジウムを開催[2009年04月17日]



■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング