ノーツ移行の理由を的外れにしてはならない

EnterpriseZine / 2012年5月21日 7時0分

EUC

稟議でよく散見されるノーツ移行の理由に「ノーツという"製品"に課題があるから新システムに移行する」がある。一見、問題がないように思える。しかし、ユーザー所管のノーツアプリが多い場合は"製品"を理由にしてユーザー調整すると失敗する。なぜならば、新システムは、ユーザー所管のノーツアプリの移行ができないからだ。真の課題は、"製品"ではなく、エンドユーザーコンピューティング(EUC)だ。

■ノーツの移行を困難にしている原因

 ノーツの移行を困難にしている原因は、エンドユーザーコンピューティング ( EUC ) だ。ノーツのEUCは、デザイナー(IBM Lotus Domino Designer)で実現される。デザイナーは、ユーザーでもアプリを開発できる特徴がある。開発言語は、@関数とロータススクリプト(LotusScript)だ。

 過去に開発権限を情シスから委譲されたユーザー部門の開発者は、デザイナーを使ってアプリ開発をする。ユーザーが数年かけて開発したアプリは、情シス担当者から見ても高度で複雑なロジックでできている。
IBM Lotus Domino Designer  

 情シスが提案する最新の製品は、最新のWeb技術を多用したものだ。これは、情シス技術者が保守開発をすることを前提としている。つまり、EUCでの使用を前提にしていない。なぜなら、高度なWeb技術で開発するスキルをユーザーが身につけるのは負担が大きいからだ。

 確かに、移行ツール等を用いてアプリを新システムに移行することは可能だろう。しかし、新システムに移行後に、ユーザーが@関数やロータススクリプトを使って開発保守を続けることはできない。したがって、EUCの産物であるアプリは、ノーツの移行を困難にしているし、EUCそのものが原因と言える。
EUC

 EUCを続けるか?止めるのか?この問題に着目せず、新システムがノーツより優れているからと移行してしまうとどうなるか?次ページで考えてみよう。


茉璃 美昌[著]

■関連記事

なぜノーツ移行は困難なのか?[2012年04月25日]

クラウド環境やiPad、iPhoneでも利用可能に!進化するLotusと企業コラボレーションの未来[2010年10月04日]

経営情報活用を加速するエンタープライズ向け「Webコラボレーションウェア」[2009年10月26日]

コラボレーションに特化したIBM Lotus Notes 8[2008年03月27日]



■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング