IBMがImpact 2012を7月19日に開催。IBMのモバイルとクラウドの日本市場での新展開に注目。

EnterpriseZine / 2012年6月5日 0時0分

WebSphere Application Server の最新機能も紹介される

IBMの『Impact 2012』が7月19日(木)に開催される。本イベントでは、IBMのエンタープライズ・モバイルでの本格的な取り組みや、クラウド・コンピューティングに関する日本市場での新たなソリューションや事例が公開される予定だ。

 


Impact 2012 開催概要


 日  時 : 2012年7月19日(木曜日)10:00−18:00

 会  場 : 品川プリンスホテル

      東京都港区高輪4-10-30

 参 加 費 : 無料(事前登録制)

 主  催 : 日本アイ・ビー・エム株式会社

 詳細・参加申し込み



 IBMの『Impact 2012』が7月19日(木)に開催される。すでに米国ではラスベガスで、4月29日から開催され、IBMのBPM製品やSOAに関する事例や、先ごろIBMが肝いりで発表した「PureSystems」などの製品の紹介が行われたが、その日本版である本イベントでは、エンタープライズモバイルでの本格的な取り組みや、ここ数年のクラウド製品に関する積極的投資による、新たな日本市場での戦略が公開されるだろう。本記事では、そのみどころを紹介しよう。

基調講演は日本のモバイルのキーパーソン、夏野剛氏が登場。IBMのモバイル戦略に注目を。


慶応義塾大学大学院


政策・メディア研究科


特別招聘教授


夏野 剛 氏





 ImpactはIBMのミドルウェアやSOA/BPMを中心とした年次イベントとしてスタートした。今ではビジネスの環境変化とクラウド・コンピューティングやモバイルの進化にともなって、IT基盤そのものに関するITリーダーやビジネスリーダー、経営層を対象にしたイベントとして発展してきている。今回は「次代のIT基盤がもたらすビジネス変革、そして飛躍」をスローガンに、7月19日(木)に品川プリンスホテルにおいて開催される。

 午前中での注目は、オープニングの特別講演が、慶応義塾大学大学院教授の夏野 剛氏であることだ。「iモードの生みの親」と称されることの多い夏野氏だが、ここ数年はスマートフォン、スマートデバイスを中心にモバイルの進化を語り、さらには日本のビジネス社会そのものへの意見を鋭い舌鋒で語っている。今回の夏野氏の起用は、IBMがモバイルに本腰を入れることを象徴するものだといえよう。それだけに、Impact 2012の大舞台で夏野氏が何を語るか、大いに注目されるところだ。

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング