NetBeans IDE のデータベース管理インタフェース

EnterpriseZine / 2012年6月15日 0時0分

新しく追加された OracleDB のデータベースノード

今回の記事ではNetBeans IDEのデータベースサポートを紹介します。NetBeans IDEを使えばNetBeans 上からデータベースの表の作成、SQLコマンドの実行、データの編集など一連の操作を行うことができます。開発者はIDEの他にデータベース専用のツールを起動する必要はありません。またNetBeansに登録したデータベース接続を使ってコードを自動生成する機能も備えています。JavaやPHPのコードを自動生成しアプリケーションで利用できます。

■NetBeans とは

 NetBeans IDEはオラクルがサポートしオープンソースで開発されている統合開発環境です。Java SE, Java ME, Java EEの開発を始めPHPや C/C++の言語もサポートしています。昨今のアプリケーション開発では不可欠となったデータベースのサポートも標準で備えています。一度NetBeans IDEにデータベース接続を設定しておけばSQLコマンドの実行、データの編集、またデータベースを使用するのに必要なコードを自動生成する機能も備えています。データベースはJavaDB、Oracle、PostgreSQL、MySQLなどをサポートしています。

 NetBean はnetbeans.orgからダウンロードでき無償で使うことができます。
NetBeans のデータベースエキスプローラの画面
■Oracle データベースとの接続

 NetBeansにOracleデータベースを接続してみましょう。この例ではローカルマシンにインストールされ稼動しているOracle Database XEに接続します。NetBeansを起動しナビゲーションウィンドウの「サービス」タブの「データベース」ノードから「新規接続」を選んでください。
「サービス」タブからデータベースの接続

 接続するデータベースを選んでください。ここではOracle Thinを選びます。必要に応じてデータベースのドライバのダウンロードが必要になります。Oracle データベースの場合も画面の指示にしたがってjarファイル(この場合は ojdbc6.jar)をダウンロードし指定します。
「新規接続ウィザード」のドライバの指定

 接続URLも指示にしたがって指定してください。図のドライバ名に「Oracle Thin (サービス ID (SID))」を選び、ホストには「localhost」、ポートは「1521」などデフォルトの値を確認してください。 サービス ID (SID) は XE (デフォルト)を選んでください。ユーザー名とパスワードはこの例ではOracle Database XEをインストールした時に指定したsystem (デフォルトのデータベース管理者アカウント) 使用しています。
「新規接続ウィザード」の接続の指定

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング