『BugハンターとめんどうくさいWebセキュリティ』―翔泳社が出版記念イベントを開催

EnterpriseZine / 2012年6月14日 12時0分

翔泳社では、6月に刊行される2冊のセキュリティ書籍『Bugハンター日記』『めんどうくさいWebセキュリティ』の出版記念イベントを、きたる7月14日(土)、デジタルハリウッド大学院(秋葉原)にて開催する。

本イベントでは、それぞれの書籍の監訳者である新井悠氏(LAC)、上野宣氏(トライコーダ)、そして、元祖Bugハンターの三輪信雄氏が登場、書籍の魅力とセキュリティの最新事情についてトークショウが行われる予定。

 

お申し込みはこちら

参加費は無料。事前登録制。概要は下記の通り。

概要
セミナー名称:BugハンターとめんどうくさいWebセキュリティ
日時:2012年 7月14日(土)
    15:00~18:00(受付開始14:30~
会場:デジタルハリウッド大学院 秋葉原メインキャンパス
    http://gs.dhw.ac.jp/utility/access/
参加費:無料(事前登録制)
定員:80名
申し込みサイト:https://enterprisezine.jp/enquete/index/445
お問い合わせ先:
株式会社 翔泳社
EnterpriseZine編集部 担当:小泉
E-Mail:support@enterprisezine.jp 
Phone:03-5362-38

書籍について

 『Bugハンター日記』





 Tobias Klein (著), 新井 悠 (監修), 長尾 高弘 (翻訳)

 販売価格:¥2,940
 発売日:2012/06/22

 7つのBugを通してあなたのハック経験値を数段上げる! 「脆弱性の元となるBugの発見はいかにしてなされるのか」

 ――本書はその問いに正面から答えた書籍です。本書を読めば、Bugハンターたちが脆弱性を発見しベンダーに報告するまでの一連の行動を一望できます。すなわち、脆弱性を有すると思しき箇所の発見と、それをテストするための検証用コードの作成、そして報告。熟練したハッカーならではの、これらの行動を、実際に著者が発見したBugをベースに詳細に解き明かします。全ハッカー予備軍必読の1冊。

 『めんどうくさいWebセキュリティ』





 Michal Zalewski (著), 上野 宣 (監修), 新丈 径 (翻訳)
 価格:¥3,129
 発売日:2012/6/19

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング