【Excelデータ分析講座】3-3 分析ツールによるアンケート分析~分析ツール編

EnterpriseZine / 2012年6月29日 7時0分

キャプチャ

今回は、飲食店のお客様に記入していただいたアンケートの結果を分析します。最初に平均値とレーダー・チャートによる分析を行い、次に分析ツールの「ヒストグラム」を利用した分析を行います。最後に分析ツールの「相関」を利用して「次回来店」につながるアンケート項目を絞り込み、リピート客を増やすために注力すべき施策を検討します。

■平均とレーダー・チャートによる分析

 以下の表は、ある飲食店に来店したお客様に記入していただいたアンケートの結果をまとめたものです。


 品揃えから待ち時間までの10項目に対して5段階で評価してもらい(5:大変良い、4:良い、3:普通、2:悪い、1:大変悪い)、最後に次回の来店についても5段階(5:絶対利用する、4:利用する、3:どちらとも言えない、2:利用しない、1:絶対利用しない)で記入してもらいました。このデータから、この飲食店が何を重点的に改善していかなければならないかを分析してみましょう。まず最初に、平均値とレーダー・チャートを利用して分析を行います。
セル範囲B2からL21を選択した状態で、 「数式」タブの「オートSUM」メニューから「平均」を選択する。   セル範囲B22からL22に各アンケート項目の平均値が表示された。   「挿入」タブの「その他のグラフ」メニューから「レーダー」を選択する。 「デザイン」タブの「データの選択」ボタンをクリックする。   「データソースの選択」ダイアログ・ボックスで「グラフデータの範囲」に 「=平均!$B$22:$L$22」と入力し、「横(項目)軸ラベル」の「編集」ボタンをクリックする。    「軸ラベル」ダイアログ・ボックスで「=平均!$B$1:$L$1」と入力し、 「OK」ボタンをクリックする。   「データソースの選択」ダイアログ・ボックスで「OK」ボタンをクリックする。 レーダー・チャートが表示された。

作成したグラフの軸のラベルを調整し見やすくした結果、以下のようなグラフができあがりました。

 このグラフから、「店員の応対」と「清潔感」の点数が特に高く、「価格」の点数が特に低いことがわかります。


平井 明夫[著]

■関連記事

【Excelデータ分析講座】3-4 分析ツールによる事業計画~分析ツール編[2012年07月23日]

【Excelデータ分析講座】3-2 分析ツールによる需要予測~分析ツール編[2012年06月11日]

【Excelデータ分析講座】3-1 分析ツールの基本操作~分析ツール編[2012年05月24日]

Excelでもできるデータベース体験(後編)[2012年05月17日]

Excelでもできるデータベース体験(前編)[2012年05月10日]



■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング