【Excelデータ分析講座】5-1 ピボットテーブルの基本操作~ピボットテーブル編

EnterpriseZine / 2012年10月23日 7時0分

前回までの連載「Excelデータ分析講座~テーブル編」では、テーブル機能により初歩的なデータ分析操作を効率的に行えることを紹介しました。今回ご紹介するピボットテーブルは、テーブルに収められたデータから集計を行い、結果をさまざまな角度から表やグラフで表示できる、より強力なデータ分析機能を持っています。「Excelデータ分析講座~ピボットテーブル編」では、基本的なピボットテーブルの利用方法とそれらを利用したデータ分析の3つの例(店舗分析、宿泊予約分析、メルマガ効果分析)を説明します。第1回の今回は、ピボットテーブルの基本操作について説明します。なお、この連載では、Excel2010を使用しています。

■ピボットテーブルを作成する

 ピボットテーブルを作成するための元データは、通常のセル範囲でもかまいませんが、テーブルとして準備すると、より効率的です。

 ここでは、以下のようなテーブルからピボットテーブルを作成してみます。

 

 これで最初のピボットテーブルが完成しました。

 表示された値は、それぞれの行と列のラベルの項目で販売数量が集計されたものです。たとえば、セルB5に表示されている「543」は、「店舗」が「西口店」、「商品カテゴリー」が「アイスクリーム」であるデータの「販売数量」の合計値になっています。

平井 明夫[著]

■関連記事

“大統領選は新技術活用の見本市”―米大統領「選挙」におけるビッグデータの活用と課題[2012年11月05日]

アドテクノロジーの進化とビッグデータ活用―アドエクスチェンジ、RTB、DSP[2012年10月22日]

ビッグデータを活用した海外先進事例~コールセンター改善、医療診断改善、トリプルメディア戦略、都市防犯、BIへの応用[2012年10月17日]

【Excelデータ分析講座】4-4 テーブルによる成長性分析~テーブル編[2012年10月05日]

ビッグデータ分析による"人間理解の深化"がビジネスを加速させる―トランスコスモス・アナリティクス 萩原雅之氏インタビュー[2012年10月04日]

■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング