ユーザー事例から遠く離れて

EnterpriseZine / 2012年11月12日 0時0分

 ―まあ、CMですよね。いいか悪いかさておき。

 北川:事例にいいことが書いてあるのは当然です。好き勝手な事例がないんですよね。シナリオに基づいたものに直される。事例のページの中だけだと、枚数が限られていることもあって、いいことだけになりがちで、技術的な肝ところはあまり実は入っていないんです。事例とは少々違う観点で、リファレンスというのがあって、これは、公には名前を公開しないけど、xxをやった顧客と話がしたいという別の顧客がいるときに、ミーティングとかアレンジして会ってもらうというようなことがありますね。アメリカ人なんかはこちらの方が好きだったりするみたいですよ。

―事例がCMのようになってしまうというのは、事例という存在の特性上、仕方がないことなのではないでしょうか。

 北川:そうですね。事例って悲しい星の下に生まれていますね。こうして、優劣の参考にされるわけですが、でも誰が参考にするんでしょうか?必要なのは判断基準なのに。

 ―その投資が効果的だったのかどうかは、個別具体の判断基準がないと測れない、ということでしょうか。

 北川:そうですよ、そうじゃないと、なにもアカウンタビリティを果たせない。たとえば、ノートPCを変えるとしましょう。個人の買い物であれば、そこにはいろいろな思いがあるでしょう?システムだってそうなんです。いろいろな思い、要望があるはずで、それを明らかにするためにはユーザー部門に話を聞くしかないんです。

 ―なるほど。他社の事例を読んでないで、自社のユーザー部門に話を聞けと。

 北川:高い買い物なんだから、そこは聞きましょう、聞いていきましょうよ!とりあえず、なにも聞かずにスタートするのはやめましょうと。いいものにしましょうよ。システムも成長しないといけない。あるシステムを7年間つかったことによって、ユーザーにも学んだこと、気づいたことがある。次も同じでいいのか。こうしたことを、ちゃんとユーザーに聞いているところがどれくらいあるでしょうか?

 ―確かに、私じしん、ユーザーとして聞かれたことないですね・・・うちの会社の話をしても仕方ないですけど。

 北川:新システム移行にあたって、認識って2つあるんです。まずは「システムの移行です」っていう場合と、「新しいプロジェクト」っていう場合。

 ―新しいプロジェクトであれば、ヒアリングもしますよね。

 北川:「これまでデータは夜中に処理して、朝になって見ればよかったけど、これからはそれじゃ対応できない」「地域のイベントと連動してみたい」「分析したい」―こうした声を元に考えていくと、次の分析は全社員ができるように、外部連携必要になるだろう。営業は全員できないとだめだろう。ひとりあたり50万円かかる。1000人いる。5億円?それはない・・・ってなった場合に、なかったことにするのか?それとも、プライオリティとして決めたんだから、「1000人に分析できる環境を与える」―まず、ここから考えるのか。だったら、Excelでやるほうがいいよね、となる。その観点でみれば、ExcelとSQL Serverって合うよね、となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング