「特許制度」はイノベーションを阻害しない―知的財産の概念と「特許」

EnterpriseZine / 2012年11月12日 7時0分

表:主な知的財産権

多くの人は知的財産(知財)と言われれば、特許あるいは著作物(コンテンツ)をイメージするかもしれない。しかし、知財の範囲はそれよりもはるかに広い。知財とは「有用な情報」であると定義できる。無形財産、あるいは、情報財などと言い換えることもできる。今回は、知的財産という概念と「特許」の詳細について解説していこう。

■知財とは何なのか?

  具体的な知的財産権の話に入る前に、知的財産という概念について簡単に説明しておこう。

 多くの人は知的財産(知財)と言われれば、特許あるいは著作物(コンテンツ)をイメージするかもしれない。しかし、知財の範囲はそれよりもはるかに広い。知財とは「有用な情報」であると定義できる。無形財産、あるいは、情報財などと言い換えることもできる。すべての知的財産が法的に定められた知的財産権によって守られるわけではない。

 たとえば、調査会社が苦労して調べた市場シェアのデータは重要な情報財だが著作物ではないので利用者との契約で目的外使用を禁止するくらいしか保護手段がない(第三者が使用することを禁止できない)。

 法律により特別に守られている主な知的財産権について以下の表にまとめた。

 本連載ではIT関連スペシャリストにとって重要と思われる特許、意匠、商標、著作物を中心に議論を進めていこう。今回は「特許」について詳しく解説していこう。

栗原 潔[著]

■関連記事

翔泳社が11月20日、新規事業開発やスタートアップ向けセミナー「成功するビジネス・スタートアップのための『顧客開発モデル』」を開催 [2012年10月09日]

アップル対サムスン知財戦争は対岸の火事ではない―自社に適した独自の“知財戦略”を固めよ[2012年09月21日]

『教育×破壊的イノベーション』を実践するスタートアップが集結!「EdTech JAPAN Pitch Festival Vol.1」イベントレポート[2012年09月19日]

モバイルビジネスの海外展開スタートアップセミナー『Global Mobile Biz Day』を翔泳社、MCFが開催[2012年07月13日]

■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング