【Excelデータ分析講座】5-3 ピボットテーブルによる宿泊予約分析~ピボットテーブル編

EnterpriseZine / 2012年12月13日 7時0分

前回の店舗分析では、集計値をさまざまな角度からグラフに表示して分析しました。今回は、これをさらに一歩進めて、複数のスライサーを利用して、注目すべきデータを複数の条件で絞り込んでいきます。例として、宿泊予約のデータを使用して、集客活動を集中すべき顧客層の宿泊日数と人数、予約チャネル、居住地といった属性を明らかにしていきます。

■時系列に分析する

  ここでは、以下のようなテーブルに収められた宿泊予約データを分析します。

 この宿泊施設では、2006年の8月に自然災害により、予約件数が大きく減少しました。9月以降は回復傾向にありますが、十分ではありません。

 そこで、まずは落ち込みの程度と回復の度合いを時系列に分析してみましょう。

 予想どおり2006年8月は大きく落ち込んでいます。9月以降はある程度回復しているようですが、十分ではなさそうです。

平井 明夫[著]

■関連記事

【Excelデータ分析講座】6-1 ソルバーの基本操作~ソルバー編[2013年01月18日]

「SNSは人数が多いほど盛り上がる」という誤解-目的特化型と全社導入型の社内SNSの違いとは?[2013年01月11日]

【Excelデータ分析講座】5-4 ピボットテーブルによるメルマガ効果分析~ピボットテーブル編[2012年12月27日]

業績好調な中堅・中小企業は、積極的にクラウド、スマホ、タブレットを活用[2012年12月20日]

すべての会社が“社内SNS”を導入する時代はやってくるのか?[2012年12月05日]

■記事全文へ

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング