業績好調な中堅・中小企業は、積極的にクラウド、スマホ、タブレットを活用

EnterpriseZine / 2012年12月20日 17時20分

表:経営の課題(上位5項目、中堅中小企業、売上高増減別)

IDC Japanは12月20日、国内の有力な中堅・中小企業のIT支出動向について発表した。同社の発表によると、業績が堅調な有力中堅・中小企業ではIT支出が拡大していることに加え、パブリッククラウド、スマートフォン、タブレットなどのソリューションも積極的に活用しているという。

■業績好調な中堅・中小企業のIT支出は拡大-クラウド、スマホ、タブレットも積極的に活用

 IDC Japanは12月20日、国内の有力な中堅・中小企業(従業員規模:999人以下)のIT支出動向について発表した。同社の発表によると、業績が堅調な有力中堅・中小企業ではIT支出が拡大していることに加え、パブリッククラウド、スマートフォン、タブレットなどのソリューションも積極的に活用しているという。

 今回発表した「国内中堅中小企業ユーザー調査」において、2011年度の売上高が増加した中堅・中小企業のIT支出動向では、業績が堅調なことからIT支出も拡大させる企業が多くなっており、2012年度のIT支出予算における「増加」の回答率48.3%と、「減少」の回答率13.0%を大幅に上回っているという。

 また、2013年度以降も業績が堅調な中堅・中小企業ではIT支出の拡大が継続すると同社は分析。IT支出分野では、多くの中堅・中小企業と同様にセキュリティ強化、コンプライアンス対応の項目でIT支出の優先順位が高くなっているが、その他に社内情報共有など社内体制強化に注力する企業も多くなっているという。

 業績が好調な中堅・中小企業では、ビジネス拡大を目指して新規事業の展開や海外進出を積極的に行う企業が比較的多くなっている。また、従業員育成、人材不足対策といった人材関連の経営課題を抱える企業も多く、ITの導入や運用の課題においても要員の不足を挙げる企業が最も多くなっているという。

 そこで、業績が好調な中堅・中小企業では、コスト削減やITの導入、運用の負担の軽減が可能なパブリッククラウドを積極的に活用していると、同社は分析している。

 また、業務支援を目的にスマートフォン、タブレットなど各ソリューションを採用する企業も多くなっているという。

 国内中堅・中小企業のIT市場は、国内経済が不透明なことから低い成長率にとどまっている一方で、業績が堅調な中堅・中小企業では、IT支出は堅調に拡大。パブリッククラウド、スマートフォン、タブレットなどのソリューションを積極的に活用することで、経営課題、およびIT導入、運用における課題の解決を図っていると、同社はまとめている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング