【Excelデータ分析講座】6-2 ソルバーによる商品棚割計画~ソルバー編

EnterpriseZine / 2013年2月5日 7時0分

商品を販売するための店舗の棚はスペースが限られていますので、より大きな売上や利益を確保するために限られたスペースの活用方法を考えることが重要です。今回は、ソルバーを利用して、売り場の利益が最大になる商品の配置(棚割)を計画します。

■制約条件を満たす陳列数を求める

 今回は、以下のようなデータを使用します。「商品陳列条件」の表に表示されている制約条件を、ソルバーに与えて、最適な陳列数を「商品陳列計画」の表に表示させます。

 ここからは、以下の表にある残り5つの制約条件の追加を繰り返します。

平井 明夫[著]

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング