Teradataの強みはアナリティクスにあり―Teradata Unified Data Architectureでビッグデータ活用ソリューションを加速する

EnterpriseZine / 2013年3月21日 0時0分

多くのリレーショナルデータベース製品が世に登場したのは、30年くらい前のこと。多少の前後はあるものの、Oracle、Sybase、Informix、Ingres、Tandem Computersなどなど、製品だけでなくデータベース専業ベンダーもこの頃に多数登場する。時は流れ、その頃と今ではだいぶメンバーの顔ぶれが変わってしまった。当時から現在に至るまで、データベース業界の第一線で活躍し続けているベンダーはかなり少ない。そんな中、Teradataは30年もの間、データベースベンダーとして第一線に存在しているベンダーの1つだ。彼らが活躍し続けられる理由は、「最初からアナリティクスが得意だったから」と言うのは、Teradata Corporationのインターナショナル担当プレジデント、ハーマン・ウィマー氏だ。一貫してデータウェアハウス、そしてアナリティクスの分野に特化したビジネスを続けてきたことこそが、同社の強みなのだ。

■30年間、一貫して我々はアナリティクスが得意なのだ

 Teradataは、最初はレポーティングから始まり、それがエンタープライズ・データウェアハウス、そしてアナリティクスとなり、今ではビッグデータの活用へと発展を続けている。表す言葉は変化しているが、その根底にあるのはアナリティクスということ。そして、たんにその分野の製品を提供するだけでなく、この領域での30年の実績に基づくノウハウを多数持っており、それも含めたソリューションとして提供する。それが、今もなお世界を対象としたビジネスで、2桁の成長を誇っている源泉でもある。

 日本テラデータ 代表取締役社長の吉川幸彦氏は「2012年は表面的には大きな変化はなかったが、データ活用の転換期となった1年でした」と言う。そして、Teradataのビジネスが成長し続けている理由を次のように説明した。たとえば、米国ではさまざまな経済危機もあり、企業のIT予算は削減傾向にある。一方で予算は少ないけれど、データをさらに高度に活用し他社と差別化し競合優位性を得たいという要求もある。この両方のニーズに応えることができるのが、Teradataだからだと。そして「この米国での流れは日本にもやってくる」とも言う。

 転換期に入り、データ活用の主体がIT部門からビジネス部門に移り始め、全社レベルでデータを統合し活用したいというニーズも出てきている。そして、「ビッグデータは、バズワードの部分もありますが、大企業などのトップの人たちに、社内でのデータ活用を浸透させたという貢献もあります」と吉川氏。これが、ここ最近巻き起こっている、トップダウンで企業のデータ活用検討のきっかけとなっているのだ。

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング