あのMr.HANAのSAP馬場さんが今度はMr.クラウドになる

EnterpriseZine / 2013年6月12日 9時0分

最適化、自動化で作物収量は増加するが…。

先日都内で行われたイベント「AWS Summit Tokyo 2013」は、大盛況だったようだ。初日の受け付け大渋滞の様子は、多くの友人がツイートしていたので、参加しなかった人も盛り上がりの様子を垣間見たのでは。自分もあいにく他の予定があり参加できなかったが、東京リージョンでクラウドデータウェアハウスのAmazon Redshifが利用できるようになるとの発表もあり、この辺りの話題については追い追い取材しフォローしていきたいと思う。

■今年はクラウド、クラウド、クラウドで行きます!

 そんなこんなで、クラウドはバズワードの域を超え、確実に定着しつつあるようだ。そのクラウドの大きな波に乗ろうとしているのが、SAPだ。SAPは、クラウドビジネス戦略の発表会を開催、新たにクラウド専門部隊を発足し国内でも本格的にクラウドビジネスに注力する。そのSAPだが、ワールドワイドでは、すでにNo1のクラウドベンダーだとSAPジャパン代表取締役社長の安斎 富太郎氏は言う。すでにSAPには世界でクラウドに関する売り上げが11億ドル以上あり、2900万を超えるユーザーがいる。

 クラウド、モバイル、そしてSAP HANAによるインメモリにイノベーションといった3つの領域に注力するSAP。それぞれの分野が大きく伸びているが、その状況は日本におけるビジネスでも同様だ。これは、SAPがこれらの領域で強いだけでなく、「世界中がまさにその方向に向かっている」からだと安斎氏は言う。そしてこの3つはそれぞれに関連しており、クラウドを活用する1つのシーンを形作るのがモバイルであり、クラウドを構成する基盤となるのがHANAである。

 安斎氏は、また「SAPはまさにクラウドをやるべき会社へと変化している」と言う。これは、買収したSuccessFactorsのクラウドネイティブなソリューションを実現したDNAがあること。また、オンプレミスのソリューションから100%クラウドに移行したAribaというDNAもある。さらにそこにインメモリのHANAという強力なクラウド基盤がある。これら3つの要素を持っている企業は、他にはない。なのでSAPが現時点で、クラウドに最適な会社だと言うのだ。「今年は徹底的にクラウド、クラウド、クラウドで行きます」と安斎氏は力強く発言する。

 その安斎氏の直下で4月1日から活動を始めたのが、クラウドファースト事業本部。この組織の牽引役に抜擢されたのが、あのMr.HANAの馬場 渉事業部長だ。「4月にHANAに別れを告げクラウドに専念することにしたら、5月にはすべてのクラウドサービスの基盤をHANAにするという発表となり、5月にはHANAが戻ってきた感じです」と馬場氏。ちなみに、この「クラウドファースト」というカタカナ表記の部署名、英語では「Cloud First, Cloud Fast」となっている。これはCloud Firstでイノベーションを起こすようなアイデアを生み出すスピードを、Cloud Fastでそのアイデア実装するスピードを提供するという意味が込められている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング