意外と知られていない分析結果の正しい伝え方 - 「可視化」に含まれる二つの意味

EnterpriseZine / 2013年8月8日 8時0分

図表3 直観的にわかりやすい可視化の例 

前回の記事では、最重要データだけではなく、その構成要素も含め日常的かつ構造的にモニタリングを行うべきことと、仮説検証手法として「カイ二乗検定」をぜひマスターし、ビジネスにおける意思決定の質を向上させていただきたいこと、についてご説明しました。今回は、本連載の最終回として「可視化」と「課題に対する結論と新たな課題の発見」について、ご説明いたします。今までの連載はこちら

■可視化の目的は「分析の内容や結果をわかりやすく伝えること」だけではない

 「統計的な解釈」が完了したら、次に行うのは「可視化」です。「データの収集」から「統計的な解釈」まではデータの世界での作業が中心でしたが、「可視化」からは再びビジネスの世界での作業に戻ります。

 ところで、可視化の目的は何でしょうか? 実は可視化の目的には2つあります。

 1番目の目的は、「分析の内容や結果を、関係者にわかりやすく伝えること」です。

  図表2はありがちな可視化の例です。正確性や厳密性にこだわるあまり、情報が詰め込まれ過ぎていて、かえってデータの関係性や何がポイントなのかが分かりにくくなってしまっています。

 残念ながら人間は、膨大な量の情報をそのまま理解することはできません。そのため、人間が理解可能な量にまで情報を十分に集約する必要がありますし、また、人間が最も理解しやすい形で情報を表現する必要があります。その時に最適な手段が“可視化”なのです。「百聞は一見にしかず」です。

神子島 隆仁、白石 嘉伸、黒沢 健二[著]

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング