ラリーまさかのドタキャン、アメリカズ・カップへ―波乱のOOW3日目、Oracleはクラウド戦略でもヨットレースのように追い上げて勝利を収められるのか

EnterpriseZine / 2013年9月25日 13時0分

一方アメリカズ・カップでは、ORACLE TEAMが、その日の2勝で対に持ち込んだとのこと

「MicrosoftがOracle OpenWorldのキーノートで話をするのは、これが初めてのことです」と言うのは、Microsoft コーポレート バイスプレジデントでクラウドビジネスを担当しているブラッド・アンダーソン氏だ。彼は、両社が6月に行ったパートナーシップについて、その進捗を報告した。

■Oracle OpenWorldのキーノートにMicrosoftのエグゼクティブが初登場

 「MicrosoftがOracle OpenWorldのキーノートで話をするのは、これが初めてのことです」と語るのは、Microsoft コーポレート バイスプレジデントでクラウドビジネスを担当しているブラッド・アンダーソン氏だ。彼は、両社が6月に行ったパートナーシップについて、その進捗を報告した。

 「OracleとMicrosoftが協業することは、企業にとっての勝利だ」との声が市場からはあるとか。これは、両社がいがみ合っているよりも、協業したほうが企業ユーザーには大きなメリットがあると言うこと。

 実際、Windows Serverが4台あれば、そのうちの3台でOracleのワークロードが動いており、WindowsでOracleが動くのはもっとも一般的なこと。データセンターにおいても、Webとデータベースのワークロードが、大きな部分を占めている。

 そういった現状がある中で、Microsoftはクラウドビジョンとして、「Cloud OS」というもの掲げている。これはクラウドの環境も、一貫したものが必要ということ。顧客はオンプレミスで開発し将来はパブリックに移行したい、その際には苦労なく移行できるようにしたい。なので、Windows Server Hyper-vの環境でOracleの製品が動けば、オンプレミスでもクラウドでもアプリケーションを動かせる。つまりは「Cloud OS」のコンセプトに合致するのだ。

 「さまざまなデータをどうやって統合するのか、ここはOracleとの協業が重要となるところです」(アンダーソン氏)

 6月のOracleとの協業発表以降、現在までのところWindows AzureギャラリーにOracle Database、Weblogic Serverのイメージが追加されているとのこと。これらのイメージは、Windows AzureでもHyper-v上のLinuxでも動く。そして、これらを利用する際にはOracleのライセンスがすでに含まれている。なので、ユーザーはギャラリーで選択するだけで、Azureの上ですぐに利用できる。「これが、両社の協業の第一歩です。このようなものは、パブリッククラウドでは唯一のもので、6月に約束したことを言葉通りに実現しています」とアンダーソン氏は言う。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング