ビッグデータ、アナリティクスの新製品・サービスが勢ぞろい―IBM Information On Demand 2013が開幕

EnterpriseZine / 2013年11月6日 11時50分

Rechan氏×Piccano氏

2013年11月4日、米国ラスベガスにてIBMのデータベースやBI、BA、ビッグデータなどのソフトウェアに関連するカンファレンスイベント「Information On Demand 2013」が開幕した。オープニングキーノート&ゼネラルセッションの会場はMondalay Bay Events Center、スタジアム形式のすり鉢状の観客席にアリーナ席という、コンサート会場のようなステージだ。ラスベガスらしく、パーカッションを主体にした演奏からステージはスタートした。

■ビッグデータ活用で重要な信頼性

 「ソーシャルネットワークからさまざまなデータが生まれています。とはいえ、これらビッグデータは、イネーブラー(何かを可能にするもの)に過ぎません。顧客のことを理解していないとそれは使えないのです。データを使って、これまでなかった形でインサイト(顧客の次なる行動の意思)を得ることができます。この顧客のインサイトを入れることで、新たなビジネスが行えるのです」(LeBlanc氏)

 IBM Software Group Middleware Software担当のSenior Vice President Robert LeBlanc氏は、世の中には、まだ活かされていないデータ、解放されていないデータがある。今見えているのは氷山の一角であり、その一角すら出ていない状態かもしれないと言う。

 そういったデータをいち早く手に入れて、解析し洞察を得られればビジネスを変えられる。このときに、企業の中の誰か1人だけがそれを活用するのではなく、全員に力を与える必要がある。何が共有できるかで価値が変わり、その価値を増やしていくことが必要。顧客や従業員に価値を増やすことが、企業がビジネスを行っていくことの本質だとも言う。

 そして、ビッグデータはボリュームに捕らわれやすいが、重要なのはまずは種類。非構造化データを取り込めなければ、ソーシャルメディアのインパクトは受け入れられない。さらにベロシティ(速さ)も重要であり、顧客は何事にもすぐに対処したい要求を持っている。

 「その上でさらに重要なのが、信頼性です。すべてのデータの質を考えないとなりません。それは、本当に正しいデータなのか。たくさんのデータを取り込むだけでなく、そのデータがどこから出てきてどうなっているかを理解する必要があります」(LeBlanc氏)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング