リーンスタートアップの導入は、「手順」ではなく「思考」の導入-スモールバッチとワンピースフロー

EnterpriseZine / 2013年12月17日 8時0分

図5:ワンピースフローとスモールバッチサイズで新規事業を進める

 前回は、リーンスタートアップ導入でありがちな、「プロセス」と「メソッド」のジレンマをテーマに、熱心に新規事業に取り組む組織がなぜか陥る典型的なパターンを解説しました。今回は、リーンスタートアップの導入のキモとなる、「スモールバッチ」や「ワンピースフロー」という“思考”の導入に関して、解説します。

■リーンスタートアップは、新規事業立ち上げに最適化された「思考のかたまり」

 前回の記事では「プロセス導入」とは「手順やメソッドの導入ではなく、考え方を組織に取り入れること」だと説明しました。どういう行動を起こすべきか手順として示すのではなく、「考え方」として組織に示すことで、チームは自分たちでやり方を見いだしていくようになるのです。

 たとえば、ある製品の売上総収益を増やすには単純にふたつのやりかたがあります。ひとつは販売数を増やすこと。もうひとつはコストを下げることです。

  この両者に対するアプローチはそれぞれ異なる手段であることはすぐに分かります。販売数を増やすには営業・マーケティングが必要で、コストを下げるには製造工程を見直す必要があるのです。組織はどちらの手段を採用しても売上総収益の向上にはつながります。しかし、チームが統一された行動をするためには、どちらの戦略をとるかを明確に示すことが必要なのです。

 ひとたび戦略(考え方)が示されると、ひとはその考え方に従って行動を取り始めます。たとえば売上総利益を伸ばす手段として「コストの徹底した削減」が採用されると、ひとは「ムダ」を生み出すすべての工程について改善を試みるようになります。あらかじめムダを生みそうなところに対して対策が手順として示されるよりも、チームメンバーが自らムダな箇所を見つけ出し、解決しようとする組織が出来上がるのです。

 プロセスとは「手順のかたまり」ではなく「思考のかたまり」であり、リーンスタートアップは、新規事業立ち上げに最適化された「思考のかたまり」なのです。リーンスタートアップを進めるうえで理解が必要な「思考」をご紹介します。

●既存事業は「融資事業」、新規事業開発は「投資事業」

 新規事業開発とは「投資事業」です。失敗のリスクにあえて挑戦し、数多くの失敗のなかから成功の芽を見いだしていくという作業なのです。その前提を理解して、既存の事業にかかる作業と同じ「思考」で新規事業を進めてはいけません。組織がプロジェクトの失敗を許容しないことで、せっかくの可能性を失うということは頻繁に起こります。投資事業を進めるには独特の思考セットが必要なのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング