PostgreSQLとSymfowareの融合―Open I/F はじめました―

EnterpriseZine / 2013年12月5日 7時0分

2013年11月13日から15日の3日間、秋葉原で「db tech showcase 2013 Tokyo」が開催された。このセミナーイベントでは、もちろんOracleやSQL Serverなどメジャーな商用データベースに関するセッションも多数あったが、オープンソースのデータベースであるMySQLやPostgreSQL、さらにはMongoDBなどのセッションも多数行われ、数多くの参加者があったようだ。

■PostgreSQLのエンジンにミッションクリティカルで培ったSymfowareの技術をプラス

 そんな中、「PostgreSQLとSymfowareの融合 ―Open I/F はじめました―」というタイトルで講演したのが、富士通株式会社の秀嶋元才氏だ。これは、オープンソースのPostgreSQLと同社の商用データベースであるSymfowareをどう融合させたのか、融合させた結果どんなメリットが生まれたのかを紹介するセッション。商用とオープンソースのハイブリッドで、オープンソースの良さを活かしつつ商用ならではのメリットを加える。そのハイブリッドデータベースの実体について、解説が行われた。

 「今、なぜオープンソースのデータベースの活用が増えているのでしょうか。1つには、顧客が特定ベンダーへの依存を嫌う傾向が出てきているのだと思います。たとえば、商用データベースの利用で、パッケージが限定されることを嫌う顧客が最近は増えているのです」

 秀嶋氏は、オープンソースのデータベースを利用する波が、いまデータベース市場にはあると指摘する。商用データベースには各社固有のSQLがある。このため、パッケージが対応できるデータベースが限定され、使いたいパッケージ製品が選択しにくい。あるいは、データベースベンダーの都合でバージョンアップなどを強いられるが、利用しているパッケージはそれに追随しない。そのような状況を嫌い、オープンソースデータベースを選ぶことで業務に適した/使いたいパッケージなど様々なパッケージから選択できる、選択肢を広げるという動きがあるのだ。

 このオープンソースデータベース利用の拡大という波に乗るために、富士通は新たな方策をとっている。それが、PostgreSQLに対して、富士通が長年ミッションクリティカル領域で実績を積んできたSymfowareの技術で信頼性や運用性を強化するというものだ。PostgreSQLのオープンなインターフェースにより、顧客はSymfowareだけでなく、純粋なPostgreSQLや、さらには他のPostgreSQLの商用ディストリビューションのパッケージをも選択できるようになる。つまりPostgreSQLエンジンのオープンなインターフェースが、アプリケーションの選択肢の幅を広げるのだ。

谷川 耕一[著]

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング