ビッグデータアナリティクス市場は2020年には3,422億円に-矢野経済研究所調査

EnterpriseZine / 2013年12月19日 14時0分

ビッグデータ全体市場における動向と将来展望 出所:矢野経済研究所

 矢野経済研究所は12月19日、国内ビッグデータアナリティクス市場の調査結果を発表した。本調査は、2013年9月~11月に国内ITベンダーおよびユーザー企業等に直接面談やヒアリング、アンケート調査を実施したもの。

 本調査におけるビッグデータアナリティクス市場とは、ビッグデータ市場のうち、BI(ビジネスインテリジェンス)、統計解析、数値解析、テキストマイニング、ソーシャルリスニング、レコメンドエンジン、アクセス解析、画像解析、センサーデータ解析に活用されるソフトウェアもしくはSaaS、それらのインテグレーション(ハードウェアを除く)、解析サービスおよびコンサルティングといった人的サービスを対象とし、事業者売上高ベースにて算出している。

 同社の発表によると、ビッグデータアナリティクス市場規模は2012年1,097億円、2020年には3,422億円を予測。2012年のビッグデータアナリティクス市場規模は事業者売上高ベースで1,097億円、2012年から2020年のCAGR(年平均成長率)は15.3%で推移し、2020年には3,422億円になると予測する。

 同社では市場成長の原動力として、データを活用した企業運営の高まり、新たな統計解析ソフトウェア等の出荷、センサーデータの大量発生による新たな産業の創出などを挙げる。また、センサーデータ量の飛躍的な増大とともに、ビッグデータアナリティクス市場の成長が加速すると予測している。

 同社が予測する、2020年までのビッグデータアナリティクス市場を短期、中期、長期において展望(概要)は以下の通り。

短期市場の動向(2012~2014年)

 BIツールなど既存ツールの普及が進むとともに、非構造データの解析などへのトライアルも進展し、解析受託サービス市場も拡大する見込み。

中期市場の動向(2015~2017年)

 簡易な解析ソフトウェアなどが登場し、ビッグデータアナリティクス市場の裾野が拡大する。またセンサーデータも増えはじめ、新たな価値を見出すための動きが活発化する。

長期市場の動向(2018~2020年)

 ビジネス運営にデータを活用することが一般化され、データ流通のインフラが重要性を増し、データマーケットプレイスなど新たな産業の創出が予測される。ワイヤレスセンサーネットワークも本格導入の動きがみられ、ビッグデータアナリティクス市場は継続的な成長が見込まれる。

                      * * * * *

 なお、本調査結果は「ビッグデータ市場の実態と展望2013-2014」(矢野経済研究所、2013年12月16日刊行)にて詳しく報告されている。

■関連リンク

・矢野経済研究所「ビッグデータ市場の実態と展望2013-2014」

EnterpriseZine編集部[著]

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング