いま、マーケティング分野のデータ活用が熱い!

EnterpriseZine / 2014年4月3日 11時45分

cap

 あっと言う間に4月になってしまった。消費税も上がり、企業業績の上向きには若干の不安材料もある。とはいえ景気のいい話もちらほら聞こえてくる。たとえば東京の西麻布界隈の街は、バブル崩壊以降かなり閑散としていた。それがここ最近はバブル期を彷彿とさせる盛り上がり見せているのだとか。こういう話を聞くと、今年度はちょっと期待しても良いのかなと思えてくる。

■いま、マーケティング分野でのデータ活用が熱い

 とはいえ、市場では競争が激化している。勝ち組と負け組はすぐにはっきりしてしまう。変化や革新を続けないと生き残れない。そのために必要なのがデータ活用。なので何度目かのBIブームが再びIT業界では起こっている。今回のBIブームはビッグデータとセットだったり、クラウド上での利用だったりするのがポイントだ。前者は言わずもがな、後者のクラウドは「俊敏性」が1つの売りとなる。

 これまでは手間とコストをかけデータウェアハウスを構築し、分析者という専門家が使うのがBIツールだった。そのため、オンプレミス型のお高いシステムが中心。それが企業のあらゆるところでBIをという流れが起こり、専門家以外もBIツールを使うようになる。多くはレポーティングが中心だが、分野によっては高度な分析を行い新たな可視化や判断にBIツールを活用する動きが出ている。

 中でもマーケティング分野において、データ活用して効率的なマーケティングを実現したいニーズが高まっている。それが最近話題の「マーケティングオートメーション」にもつながる。マーケティングを自動化するためにもデータ活用は必須であり、広告業界ではDMP(data Management Platform)といったキーワードも注目されている。DMPは、デジタルマーケティングを実現するために必要なさまざまなデータを一元的に管理し、データを使ったマーケティングの最適化が行えるようにするものだ。

■ウィングアーク1stがDMPの可視化、
分析に特化した新たな独自クラウドBIのサービスを開始する

 このDMPの可視化、分析のためのクラウドサービス「MotionBoard Cloud for DMP」の提供を開始すると発表したのが、ウィングアーク1stだ。マーケティングの分野は変化も激しく特に俊敏性が重要。ということもありクラウドでのサービス展開となったようだ。

 「for Salesforceはすでにありますが、MotionBoard Cloudはそれとは別のサービスです。これで本格的にクラウドを始めます。ウィングアーク1stはソフトウェアベンダーではありますが、今後はさらにソリューションサービスのベンダーになります。それで、今年は躍進したい」と語るのは、代表取締役社長の内野弘幸氏だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング