「個人を特定する情報が個人情報である」と信じているすべての方へ

EnterpriseZine / 2014年4月11日 7時0分

 高木 ただ、医療の分野では匿名化という措置は昔からあって、氏名、顔写真などを外してというのはありましたから、それが全ての場合に同じように適用できるかというのは議論があると思います。実際、立法当時の内閣官房の逐条解説を手に入れたのですが、このように書かれています。「個人に関する情報というのは、個人を識別する情報に限らず属性に関して全て」。よく、「何を守らなくてはいけないのですか? センシティブな情報だけじゃないのですか?」と言いますが、人によって何を隠したいかは違いますから、分けられないので、立法の趣旨としては全部が個人情報です。

 山本 個人を特定、識別する情報以外の属性情報も個人情報の中に含まれているということですね。

 高木 いま政府が検討している「パーソナルデータ」という言い方はまさに「個人に関する情報」を言い換えているものですね。ちなみに、ここで、Yahoo! JAPAN、日本を代表するネットサービスの、プライバシーポリシーを見てみましょう。

 山本 素敵なお話、ありがとうございます。

 高木 ここを観ていただきたいのですが、「プライバシー情報のうち『個人情報』とは」とか、「プライバシー情報のうち『履歴情報及び特性情報』とは」とか書かれています。Yahooさんの場合は「個人情報」と「履歴情報および特性情報」を分けている。それぞれに利用目的や取得する情報が書かれているのです。

 YAHOO! JAPAN

 

 第2章 プライバシーポリシー

 プライバシー情報のうち「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。

 

 プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは、上記に定める「個人情報」以外のものをいい、ご利用いただいたサービスやご購入いただいた商品、ご覧になったページや広告の履歴、お客様が検索された検索キーワード、ご利用日時、ご利用の方法、ご利用環境、郵便番号や性別、職業、年齢、お客様のIPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などを指します。

 高木 これはある意味よくやっていらっしゃると言えるのですが、しかしこの分け方は現行法の個人情報の定義とは違うのです。

 山本 違いますね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング